« CD購入&聴盤日記(3/6):今日は6枚到着。聴盤はルーツ系3枚。SMOKESTACK LIGHTNIN'、Drew Nelson、Johnny Stanec。 | トップページ | 今年最後の物欲充足。アキュフェーズ フォノイコライザー C-27です。 »

2013年3月13日 (水)

CD購入&聴盤日記(3/13):久々の聴盤です。

先週木曜から、まともにCDが聴けず、土日も出勤になってしまい、なんとか土曜の店頭買いだけは強行したものの、聴くことが出来なかった。
しかし、今日は人間ドックでこれは受診必須ということで、午後はそのまま休みにし、久々に聴盤が出来た。
今日は先週土曜の店頭買い物の7枚。

The Eddies "Twice Around The World"
Eddies 好度:4
ジャンル:パワー・ポップ
感想:どうみてもガレージ系のむさいおじさん3人組。
なので今一買う気になれずにいたCDであるが、これが実はパワー・ポップだったことが判明し、購入。
結果、確かにパワー・ポップで驚き。
予想通り、ガレージっぽさもある演奏ながら、楽曲は明るくとてもポップ。
メロディーもストレートで耳馴染み良さがある。
このルックスで、この演奏、サウンドは本当にギャップ。
もしルックスがもう少しパワー・ポップ系であったら、ここまで良い感じには聴こえなかったかもしれない。
ギャップの魔力にやられてしまった。

Fledgling "s/t"
Fledgling 好度:3
ジャンル:オルタナ・ギター・ポップ
感想:80~90年代のオルタナ系レーベルTVTからの一枚。
これは完全にレーベル買い。
だいたい、子供をジャケットにしたものは結構きついパンクが多いという持論からすれば、これは完全に見逃し対象なのであるが、なぜか無性に気になってしまった。
結果は小吉。
女性ボーカルのギター・ロックで、パンキッシュというよりは、ガレージな雰囲気で悪く無い。
綺麗な響きんおギター・サウンドから一転してラウドなロックチューンに変わるのも格好良い。
只、メロディーの魅力が今ひとつの感。ちょっと残念である。

The View "Cheeky for a Reason "
The_view 好度:4
ジャンル:パワー・ポップ
感想:イギリス産パワー・ポップバンドの最新作。
Posies や Jellyfish 辺りのアメリカ産バンドを思わせる演奏、楽曲群。
明るくポップで、そして勿論パワフル。
イギリス産にありがちな、暗さやヒネリ感は一切なし。
ストレートに突き進む感じで清々しい演奏である。 
 
 

Sloan "Between The Bridges"
Sloan_between_the_bridges 好度:4
ジャンル:パワー・ポップ
感想:カナダが誇るパワー・ポップバンドの99年作。
実はこのバンド、あまり得意なバンドではない。
理由は、彼らの1stアルバムが普通にキツ目のパンクにしか聞こえず、とてもギター・ポップやパワー・ポップとして楽しめるものではなかったから。
なので、彼らんお2ndアルバム"Twice Removed"は未だに未購入。
しかし、3rdアルバム"One Chord to Another"は、これをパワー・ポップ好きの知人がとても良いと評していたので購入してみたことろ、確かにこれは良かった。
同じバンドとは思えないほど。
そこで、次の4thアルバム"Navy Blues"も買おうと思っていたけど、ショップの試聴機で聴いたところ、これがやはり好みの外の演奏とサウンド。オルタナ度がかなり高めで購入を見送った。
以降は買わないバンドになってしまったけど、一昨年(11年)の彼らの最新作"The Double Cross"が Yep Rock からのリリースだったので、久々と思い購入して見たら、これが実によかった。
そこで、購入を見合わせていた過去作にも改めて手を出してみようと思った次第。
今回の聴盤CDは99年作で彼らの5thアルバム。
改めて見ると、先ずジャケットが良い。
何となく古臭さを感じさせ、野暮ったいとも思えるような服装の5人組の写真である。
この古臭さと野暮ったさでオルタナ系はないだろうと勝手に期待。
結果は大吉。
甘いメロディーのパワー・ポップがひしめき合っている。
サウンドも適度なラウドさと綺麗な響きのギター・サウンドが実に良いバランスで鳴っている。
これは3rdと遜色のないアルバムである。

Sloan "Pretty Together"
Sloan_pretty_together 好度:4
ジャンル:パワー・ポップ
感想:これは01年の6thアルバム。
前作(5th)との違いはジャケット、
何となく、いやな予感をさせるジャケットデザイン。
オルタナ度高めパターンか?
出だしのきついSE音で、「やっちまったか」と落胆。
しかし、それもわずか十数秒で終わり、過ぎに骨太でラウドなギター・サウンドに変身。
そしてメロディアスな楽曲が奏でられらた。
どうやら危惧に終わったようである。
でも、ハードなロックナンバーから、ストリングスを配したメロウなバラード調まで幅広い演奏を聴かせるアルバムで、そういう意味ではシンプルなギター・ポップ、パワー・ポップに徹したシンプルな楽曲構成の4thに比べると少しウェルプロデュースなアルバムと言える。
サウンド的にも結構打ち込みやシンセ臭い音が結構見え隠れしており、好みの度合いから言えばやなりちょっとマイナス。
でも、やはりこのバンド、良いバンドだなあと改めて感じた。

Sloan "4 Nights at the Palais Royale"
Sloan_4_nights_at_the_palais_royale 好度:4
ジャンル:パワー・ポップ
感想:これは5thアルバムと同じ年にリリースされた2枚組ライブ盤。
オルタナ度高めと判断して購入を見送った4thアルバムの後のライブ盤だけに、果たしてどんな演奏を聴かせてくれるのか、期待と不安が半判といったところであったが、この不安の方は危惧に終わった。
彼らのライブは実にシンプルなギター・サウンドのバンドアンサンブルで、余計なSE音のようなものは一切なし。
正に本領発揮のライブ盤と言える。
そういえば、彼らの3rdアルバムはスタジオ音源とライブ音源の2枚組であったけど、印象はライブ音源の方が良かったことを思い出した。
2枚組の1枚目がよりポップな楽曲と演奏で、好みのタイプ。
2枚目は少しオルタナ度が高めの演奏ばかりを収めているように感じた。
いずれにしても全28曲の充実ライブ盤であった。

He's My Brother She's My Sister "Nobody Dances in This Town"
Hes_my_brother_shes_my_sister_2 好度:4
ジャンル:オルタナ・ルーツ・ロック
感想:LAのフォーク・ロックバンドいう紹介文で購入したものであるが、ちょっと期待とは違った。
楽器構成等は、バイオリン、ラップスチールがフィーチャーされた確かにフォーク・ロックというかルーツ・ロック系。
しかし、どうにも雰囲気が暗く、とてもアメリカンなルーツ・ロックとは言い難い。
でも、なんとなく、この全体に暗さを持った雰囲気は、X~Knitters に似ているようにも感じるのは、男女混声ボーカルのせいだからだろうか。Jon Doe と Exene のように思えてしまうから不思議だ。
そう思って聴くとこれがなかなか味のある格好良さに思えてくる。
そう、これはXの新譜なのだと思って楽しもう!!

そして今日は2枚注文。
The Saddle Tramps "Greatest Hits: Round 2 The Later Years"
ロカビリー、ロックンロールベースのルーツ・ロックバンド物。
現在ではMP3ダウンロードでしか発売されておらず、ずっとフィジカルCDで探していたもの。
ようやくフィジカル盤の販売店を見つけ出した。

Tim Krekel & Groovebillys "World Keeps Turnin'"
カントリーベースルーツ・ロッカーの06年作。

そして到着物3枚。
Son Volt "Honky Tonk"
Son_volt オルタナ・カントリー代表バンドの新作。 
 
 
 
 
 
 
 

Dr. Feelgood "Live In London"
Dr_feelgood 英パブ・ロックバンドの90年作のリマスター&エクスパンド盤。オリジナル盤よりも8曲も追加された。 
 
 
 
 
 
 

Shooter Jennings "The Other Life"
Shooter_jennings 南部臭漂うアメリカン・ルーツロッカーの新譜。

|

« CD購入&聴盤日記(3/6):今日は6枚到着。聴盤はルーツ系3枚。SMOKESTACK LIGHTNIN'、Drew Nelson、Johnny Stanec。 | トップページ | 今年最後の物欲充足。アキュフェーズ フォノイコライザー C-27です。 »

CD購入日記」カテゴリの記事

聴盤日記」カテゴリの記事

CD」カテゴリの記事

ギター・ポップ/パワー・ポップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD購入&聴盤日記(3/13):久々の聴盤です。:

« CD購入&聴盤日記(3/6):今日は6枚到着。聴盤はルーツ系3枚。SMOKESTACK LIGHTNIN'、Drew Nelson、Johnny Stanec。 | トップページ | 今年最後の物欲充足。アキュフェーズ フォノイコライザー C-27です。 »