« 2013年3月 | トップページ | 2016年1月 »

2013年12月

2013年12月30日 (月)

アキュフェーズ フォノイコライザー C-27到着です。

C27 今日予定通りフォノイコライザー アキュフェーズC-27が届きました。
午前中の配達でお願いしていましたが、まあ普通は11:00頃になるだろうと、のんびり9:00過ぎまで布団の中にいました。
9時過ぎに置きだして洗顔して部屋に戻ろうとしたら、インタフォンの呼び出し音。
「まさかこんなに早く到着?」と思いながら部屋に戻らず玄関のドアを開けると、まさしく荷物の到着でした。
さて、セッティングを始めるにも未だ心の準備も、ラックの準備(現在使用中フォノイコの取り外し)も出来ていないので、先ずは心の準備を兼ねて朝ごはんを頂きました。
そしてオーディオルームで設置作業スペース確保のため、テーブル等をどかし始めるとやはり汚れが。
「こりゃセッティングの前に部屋掃除だな」と思い、どうせならと、今までコード付きで不便に思っていた掃除機を買い替えようと近くの量販店に出かけてしまいました。
コードレスタイプで紙パック式は無く、コードレス優先で紙パックじゃない掃除機を購入して帰宅。
で午前中はこの掃除で終わってしまいました。

改めて午後からセッティング開始。
先ずは現在のフォノイコライザーを取り外します。
ここまでは普通にスムーズに出来たのですが、この後のセッティングに思った以上に時間を要してしまいました。
原因は簡単で、ラックの移動無しで新しい機器の接続を頑張ったためです。
ラックには普通にキャスターが付いているので移動させようと思えば出来るのですが、TADの電源ボックスが邪魔をし、ラックを移動可能にするにはこのTADの電源ボックス2機をいったん外さないとダメなのです。
これを外す手間を考えるとラック移動無しで手探りで結線をした方がまだ楽だと判断したのが誤りでした。
今回、アキュフェーズのフォノイコライザとTADのプリはXLR(バランス)で接続しようと思っていました。
これがあだとなり、たった2本のXLR接続に30分以上も掛かってしまいました。
接続端子を見ながら接続するのと、全く見ずに機器の正面から背面に手を伸ばして手探りで接続するのは雲泥の差でした。
何とか2本のKLRケーブルをTAD-C600に接続し、C-27の接続準備完了です。

さて、次にC-27に、YAMAHA GT-2000Xのフォノケーブルとアース線を接続するのですが、ここで新たな問題発生です。
YAMAHA GT-2000Xの設置位置の関係から、フォノケーブルとアース線を背面から手前に引き出して、まだラックの外にあるC-27の背面に接続するにはケーブル長が50センチほど足りないのです。
フォノケーブルはRCA接続なので、一旦C-27を半分だけラックに入れてあとは手探りでの接続でも十分に可能そうなのですが、アース線は手探りでは無理でした。
アース端子の穴に線を通すのは端子穴を見ながらじゃないと絶対に無理でした。
そこで、接続作業は一旦中断し、アース線だけ延長するため、絶縁テープを買いに外出。
絶縁テープはいくらくらいするか分からなかったので、先ず100均に行ってみましたがありませんでした。
改めてホームセンタで探したら98円。100均よりも安かった。
そんなこんなで夕方になってしまったので、ついでに夕飯を済ませてしまいました。

帰宅して結線再開です。
アース線を延長して普通に端子穴を見ながら接続し、プリとの接続であるXLRケーブルを接続し、C-27をラックに半分だけ入れ、半分は自分の膝で支えます。
結構な重さに耐えながら、フォノケーブルをRCA端子に手探りで接続します。
こちらはやはり予想通り簡単に接続出来ました。
これでC-27全体をラックに押し入れて結線完了です。
何だかんだで19:00を回ってしまいました。

Uni_0490_2 ラックの収まり具合ですが、これは予想通りというか、やはりというか、他の機器との統一感、特に上下でC-27を挟む格好になっているTADとの統一感は全く無しです。
しかし、この統一感の無さがいかにも昔でいう「バラコン」っぽくて良いです。
同じメーカーや、別のメーカーでも色調が一緒だと「シスコン」ぽくなってしまうので、私はこの方が好きです。
Uni_0492 ただ、バラバラ感とは言いながら、ちょっと想定外だったのは、アキュフェーズコンポの横幅の長さです。
長いですね。
TADより数センチ長いので、ちょっとはみ出し感があり、ここだけは残念です。横幅は合わせたかったなという感じです。
しかし、C-27の面構えというか高級感は本当に立派です。
とてもフォノイコライザーと思えない佇まいで、まるでプリアンプのようです。
ディスプレイ部の存在とスイッチ各種の配置具合が良いのですね。

先ずは見栄えにも大満足したところで、ようやく音出しです。
聴きなれたボーカル物を聴きます。
ラテン歌手の Jose Maria Napoleonのアルバム"Celos"(左側) と Emmanuel。のアルバム"Intimamente"(右側)で、両者ともメキシコの歌手です。
Jose_maria_napoleon_album_3 Emmanuel_album_2









ちなみにカートリッジは、オーディオティニカのAT-33PTGです。
ここで、C-27のインピーダンススイッチを切り替えながら3,10,30,100,300,1Kと5種類のポジションを何度も切り替えながらそれぞれの印象を確認します。
より鮮明さを感じるところで選択完了。300Ωでした。
次に、音量ですが、C-27にはゲインスイッチがあり、通常より+10dBが選択出来ます。
プリC600では、インプット端子毎に感度設定が出来るようになっていますが、今回はC-27のゲインスイッチをオンにすることで、ちょうどCDと同じ程度の音量になりましたのでそのままとしました。

さて、今回のC-27の導入で何が変わったか。
これはさすがですね。
先ずボーカルの音像焦点ですが、見事です。これまでLPで感じていた甘さをふっとばしてくれました。以前使用していたCDプレーヤーDP-67クラスに十分肩を並べるか凌駕しそうな感じです。
アナログプレーヤー、カートリッジ、フォノイコライザーを足すと、価格的にはマランツSA-7S1と同クラスになるのですが、音の解像度ではやはり一歩及ばずの感がしますが、それと比べたくなる気持ちになれることが素晴らしいことだと思います。

次にS/N感ですが、これ又素晴らしいです。
CDのような圧倒的な静寂からの音像の湧き立ちというところには至りませんが、LPにあるスクラッチノイズの音がとても穏やかというか、すっきりとした感じなのです。
スクラッチノイズ自体が「良い音だなあ」と思える感じなのです。
ホワイトノイズのような、常に付きまとうような埃っぽさは全く感じません。素晴らしいです。

そして音調ですが、一番印象に残るは低域の増強感です。
LPではこれまで聴けなかったゴリっとした力感のある低域が当たり前のように出てきます。
まるでラウドネススイッチでも入れたかのような増強感で、これは良いです。

音場感については、レコードを変えて確認してみたいと思います。
これは明日以降の楽しみにとって置きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

今年最後の物欲充足。アキュフェーズ フォノイコライザー C-27です。

年の瀬になると、毎年、その年の物欲成果を振り返ります。
「今年は何を買ったっけ?」と。(年賀状のネタになったりしています)
昨年(12年)は60インチテレビでした。
一昨年(11年)はプリアンプ(TAD-C600)でした。
更にその前の年(10)はCDプレーヤー(TAD-D600)でした。
更に更にその前の年(09)はパワー・アンプ(アキュフェーズ A-65)でした。
更に更に更にその前の年(08)はCDプレーヤー(アキュフェーズ DP-700)でした。
とまあ、ここ5年は必ず何かそれなりに一年間を生きた成果(物でしか表せない悲しさ...)と思えるようなものを購入していました。
そこで、もう今年もあと一週間もない時になって、改めて「今年は何を買ったっけ?」と振り返ってみたら、ビックリ、今年は未だなにも買っていないことに気付いてしまったのです。(もちろんCDソフト以外でです。CDは今年も千枚ペースでした)
そんなことにビックリしなくてもと自分でも思ってしまいますが、毎年何か心に残るものを、と思っている物欲まみれの身としては、何かを買わねば気が収まらぬという訳の分からぬ衝動に突き動かされてしまったのです。(私は中村うさぎと同一人種!?)
そしてその衝動は、ずっと気になっていた、というよりは気に入っていなかったあるオーディオ機器に向けられることになりました。
それはこれです。

フォノイコライザー PRIMARE R20
Primer_r20一昨年(2011年)のクリスマス、プリアンプ TAD-C600の購入に合わせて購入したフォノイコライザーです。
その前まではプリアンプ アキュフェーズC-2400+オプションボードAD-2800という組み合わせでした。
TADにはアキュフェーズのようなオプションボードような形でのフォノイコライザーもちろん、単独製品もありません。
そこで、C600購入時にフォノイコライザーをどうしようかと考え、できれば、AD-2800と同等クラスの製品を、と思いましたが、C600本体の価格が価格なだけに、フォノイコライザーに割ける予算は乏しく、結果、価格的に思いっきり割り切り、先ずはアナログレコードがそれなりに聴ければ良い、いつか買い替えれば良いと思うことにしました。
実際購入したPRIMARE R20は中古で更に格安で入手となったのですが、いざ実際に音を出してみると、やはり、TAD-C600で聴いている感じは乏しくなり、正直アナログレコードの試聴に関しては、アキュフェーズC-2400+AD-2800の方が良かったかなあと聴く度に思ってしまうのでした。
TAD-D600とTAD-C600で聴くCDの音に慣れ親しんでいる身には、PRIMARE R20音は柔らかいというよりは甘い音にしか聴こえず、欲求不満状態なのです。
いつかは買い替えなければとずっと思っていました。
その、「いつか」がようやく訪れたわけです。(長い前置きでした)

さて、ではどの程度の予算で、どの機種を?と考え始めたのが今週の月曜でした。
先ず浮かんできたのはキュフェーズのC-27。
改めて情報収集も行い、やはり候補一番手だなと考えました。価格はかなり高価で、TAD-C600購入時に諦めた製品です。
しかし、今ならばと改めて最有力候補にしました。
ファイルウェブの製品データベースで同価格帯の製品を検索して次に候補に上がってきたのは、エソテリックのE-03という製品です。
E03
見た目も良く、デザイン的には私のラックの中でTAD製品との収まりも良い感じです。
これまでエソテリック製品は使用したこともなく、ここで初めてのメーカーの物も買ってみないなあとも思いました。
しかも、価格がアキュフェーズよりもグッと安い。
今回改めて候補に上げた条件には、製品のサイズがフルコンポサイズであることを入れていましたので、他の製品で同じ価格レンジで考えるとあまり選択肢はなく、結局このアキュフェーズとエソテリックの2機種に絞っての選択となりました。
いくつかのショップ様に価格見積もりをお願いしたりショップに出かけて実物を見たりして、考えた結果選択したのは、これ
アキュフェーズ C-27でした。
C27
ん~、TADでなきゃ、結局アキュフェーズか? と自分でも呆れてしまいますが、実物を見た高級感、フォノイコライザーの癖にプリアンプのようなディスプレイ部を持ったデザインが好きになってしまいました。
更にエソテリックとの違いはプリアンプとの接続にバランス接続が可能で、しかも、位相切替付であることが決め手になりました。
現在の私のプリTAD-C600では入力系のバランス接続端子は3つあり、ちょうど一つ空いていて、逆にRCA接続端子はちょっと不足していてラックスマンのラインセレクタをかましているのですが、これでRCAに直接接続出来る機器を一つ増やすことが出来、この効果もプラス点でした。
これで、ようやく、アキュフェーズプリアンプC-2400+AD-2800からの真のグレードアップが完了したと言えそうです。2年掛かりでした。
C-27は明後日の30日に到着です。物欲にまみれた良い年末年始を迎えられそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2016年1月 »