« CD購入&聴盤日記(3/13):久々の聴盤です。 | トップページ | アキュフェーズ フォノイコライザー C-27到着です。 »

2013年12月28日 (土)

今年最後の物欲充足。アキュフェーズ フォノイコライザー C-27です。

年の瀬になると、毎年、その年の物欲成果を振り返ります。
「今年は何を買ったっけ?」と。(年賀状のネタになったりしています)
昨年(12年)は60インチテレビでした。
一昨年(11年)はプリアンプ(TAD-C600)でした。
更にその前の年(10)はCDプレーヤー(TAD-D600)でした。
更に更にその前の年(09)はパワー・アンプ(アキュフェーズ A-65)でした。
更に更に更にその前の年(08)はCDプレーヤー(アキュフェーズ DP-700)でした。
とまあ、ここ5年は必ず何かそれなりに一年間を生きた成果(物でしか表せない悲しさ...)と思えるようなものを購入していました。
そこで、もう今年もあと一週間もない時になって、改めて「今年は何を買ったっけ?」と振り返ってみたら、ビックリ、今年は未だなにも買っていないことに気付いてしまったのです。(もちろんCDソフト以外でです。CDは今年も千枚ペースでした)
そんなことにビックリしなくてもと自分でも思ってしまいますが、毎年何か心に残るものを、と思っている物欲まみれの身としては、何かを買わねば気が収まらぬという訳の分からぬ衝動に突き動かされてしまったのです。(私は中村うさぎと同一人種!?)
そしてその衝動は、ずっと気になっていた、というよりは気に入っていなかったあるオーディオ機器に向けられることになりました。
それはこれです。

フォノイコライザー PRIMARE R20
Primer_r20一昨年(2011年)のクリスマス、プリアンプ TAD-C600の購入に合わせて購入したフォノイコライザーです。
その前まではプリアンプ アキュフェーズC-2400+オプションボードAD-2800という組み合わせでした。
TADにはアキュフェーズのようなオプションボードような形でのフォノイコライザーもちろん、単独製品もありません。
そこで、C600購入時にフォノイコライザーをどうしようかと考え、できれば、AD-2800と同等クラスの製品を、と思いましたが、C600本体の価格が価格なだけに、フォノイコライザーに割ける予算は乏しく、結果、価格的に思いっきり割り切り、先ずはアナログレコードがそれなりに聴ければ良い、いつか買い替えれば良いと思うことにしました。
実際購入したPRIMARE R20は中古で更に格安で入手となったのですが、いざ実際に音を出してみると、やはり、TAD-C600で聴いている感じは乏しくなり、正直アナログレコードの試聴に関しては、アキュフェーズC-2400+AD-2800の方が良かったかなあと聴く度に思ってしまうのでした。
TAD-D600とTAD-C600で聴くCDの音に慣れ親しんでいる身には、PRIMARE R20音は柔らかいというよりは甘い音にしか聴こえず、欲求不満状態なのです。
いつかは買い替えなければとずっと思っていました。
その、「いつか」がようやく訪れたわけです。(長い前置きでした)

さて、ではどの程度の予算で、どの機種を?と考え始めたのが今週の月曜でした。
先ず浮かんできたのはキュフェーズのC-27。
改めて情報収集も行い、やはり候補一番手だなと考えました。価格はかなり高価で、TAD-C600購入時に諦めた製品です。
しかし、今ならばと改めて最有力候補にしました。
ファイルウェブの製品データベースで同価格帯の製品を検索して次に候補に上がってきたのは、エソテリックのE-03という製品です。
E03
見た目も良く、デザイン的には私のラックの中でTAD製品との収まりも良い感じです。
これまでエソテリック製品は使用したこともなく、ここで初めてのメーカーの物も買ってみないなあとも思いました。
しかも、価格がアキュフェーズよりもグッと安い。
今回改めて候補に上げた条件には、製品のサイズがフルコンポサイズであることを入れていましたので、他の製品で同じ価格レンジで考えるとあまり選択肢はなく、結局このアキュフェーズとエソテリックの2機種に絞っての選択となりました。
いくつかのショップ様に価格見積もりをお願いしたりショップに出かけて実物を見たりして、考えた結果選択したのは、これ
アキュフェーズ C-27でした。
C27
ん~、TADでなきゃ、結局アキュフェーズか? と自分でも呆れてしまいますが、実物を見た高級感、フォノイコライザーの癖にプリアンプのようなディスプレイ部を持ったデザインが好きになってしまいました。
更にエソテリックとの違いはプリアンプとの接続にバランス接続が可能で、しかも、位相切替付であることが決め手になりました。
現在の私のプリTAD-C600では入力系のバランス接続端子は3つあり、ちょうど一つ空いていて、逆にRCA接続端子はちょっと不足していてラックスマンのラインセレクタをかましているのですが、これでRCAに直接接続出来る機器を一つ増やすことが出来、この効果もプラス点でした。
これで、ようやく、アキュフェーズプリアンプC-2400+AD-2800からの真のグレードアップが完了したと言えそうです。2年掛かりでした。
C-27は明後日の30日に到着です。物欲にまみれた良い年末年始を迎えられそうです。

|

« CD購入&聴盤日記(3/13):久々の聴盤です。 | トップページ | アキュフェーズ フォノイコライザー C-27到着です。 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の物欲充足。アキュフェーズ フォノイコライザー C-27です。:

« CD購入&聴盤日記(3/13):久々の聴盤です。 | トップページ | アキュフェーズ フォノイコライザー C-27到着です。 »