« 2016年4月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年8月

2016年8月14日 (日)

沢田聖子 シングルだけのコンサート 一日限りの「シングルライブ」 参加日記です。

8月11日は、色々な意味で最良の一日でした。
その1.早朝、リオ・オリンピック器械体操男子個人総合種目で、内村選手の金メダル獲得の瞬間を生放送で見れたこと。
興奮。
いつもは独り別次元で圧勝の内村選手が、今回は大差で最後の種目まで追う立場でしたから、こういう手に汗を握るような、あるいは、今回は駄目かもと諦め感を持ってしまうような展開は初めてでした。
しかし最後の鉄棒でしびれるような完璧な演技。
正に全てを出し切ったと思える最高の演技でした。
後は最終選手ベルニャーエフの演技を見守るばかり。
正直、ミスしろと祈りながら。
しかし、こちらもミスはほとんどなし。
空中離れ技に宙返りが無く、飛び越し系のみで難易度が明らかに低かったこと、飛び越し技の後の車輪で肘が曲がったこと、フィニッシュ前の車輪で鉄棒の握り移動があったこと、そして最後の着地で弾んで両足で一歩動いたこと等がありましたが、0.9の差が縮むのかどうかは微妙でした。
しかし、審判はちゃんと判定していたのです。
点数が出た瞬間に優勝が決定し、とても興奮しました。
その気持ちの良い興奮のまま、沢田聖子さんの一夜だけの特別ライブ。
シングル曲だけで構成した「シングルライブ」に出かけることが出来ました。
実は私は有料のライブコンサートに出かけるのは初めての経験なのです。
聖子さんのトークは正に炸裂。
話には必ずオチを付け笑いを取る。
見事。
2時間半はあっという間でした。
イルカ、桃井かおり、薬師丸ひろ子らの軽いものまね(かなり上手い)を交えながらの爆笑トークノオンパレードでした。
先ずは今日のステージファッションのお話からスタートです。
オーバーオールというラフないで立ち。
デビュー当時の雰囲気を演出ということだそうです。
このいで立ちにもオチが付けました。
下北の古着屋で何と500円台で購入ということで大はしゃぎ。
そしてステージ後方の大スクリーンにプロジェクターを使って今日の演目となるシングル盤達のジャケット写真を順番に映しながら歌うという心憎い演出。
プロジェクターを思わず「スライド」と言ってしまい、会場から笑いを誘っていました。
「今日はシングル曲だけを歌うシングルライブ。
過去だけを振り返ります。
前は一切見ません。
そんな一日があっても良いのではないでしょうか。」
という、印象的な開幕の辞で始まりました。
歌を唄ったあとには、各シングルの作詞、作曲、編曲について、一曲ずつ丁寧な解説を語りながらの丁寧な進行でした。
そして、各曲にまつわる聖子さんの思いや当時のエピソード、裏話など、盛りだくさんのトーク。。
沢田聖子さんはシンガーソングライターという印象があったのですが、
15枚のシングル中、彼女の手によるものは3曲だけというのが意外でした。
B面の曲には彼女の作品が結構収録されているのですが、A面というのはなかなかなかったようです。
以下、11日のライブで記憶に残っているお話等を書いてみます。
何らかの記録を残しながらライブに参加していたわけではないので、記憶違い、聞き違い多数と思いますが、まあ個人的な備忘録の意味合いです。
先ずはデビュー曲の「キャンパススケッチ」から。
デビューまでのいきさつをタップリ話してくれました。
赤ちゃんモデルでパンシロンのCMに出演、ソバ屋のケンちゃんへの「ふじこちゃん役」での出演。
そしてイルカの妹オーディションへの参加、かんべさんに見いだされてデビューという流れを、楽しいエピソードを交えてタップリ。
ソバ屋のケンちゃんでは観客いじりもたっぷり。
特に面白かったのは、イルカ妹オーディションのお話。
当時、フォーク界も今後の売り出しは、太田裕美路線で、ルックス重視ということで書類選考されたのだそうです。
そして見事に選ばれたのが聖子さん、かと思ったら、隣に写っていた女の子が選ばれたのだそうです。
ところが、その子が実際に歌う日に別の仕事が入っていて行けず、変わりに聖子さんがいかされたのだそうです。
写真で指名した子とは別の子が来たけど、とりあえず歌わせてみようとなったそうです。
上手く歌えなかったけれど、イルカ事務所のカンベさんは気に入ったようで、デビューを約束してくれたというお話でした。
スクリーンにシングルジャケットが映しだされてから10分以上はトークだったと思います。
達者なトークです。
そしていよいよ歌。
生で聴く「キャンパススケッチ」、見事でした。
CDで聴いていた印象と大きく変わるのかと思っていたら、実に変わらなかった。
勿論楽器編成の違いやアレンジ違いはあるものの、聖子さんの歌声の変わらなさが見事。
ハスキーさと透明さが絶妙に混じり合った綺麗な声が伸びる伸びる。
アコースティックギターを掻き鳴らしながらの出だしは絶好調。
高域のメロディーラインも詰まるような感じは一切なく、上手いなあ、変わらないなあと感動しっぱなしでした。
2曲目は「シオン」
歌う前に、「キャンパススケッチ」での自分の長いトークに触れ、「今日はこれで最後の曲になります。ありがとうございました」とオチを付けてからの歌いだしでした。
ハンドマイクでボーカルに徹しました。
しっとりと優しく歌い上げてくれました。
ここで(だったかな?もうちょっとあとだったかも知れませんが)、イルカさんと聖子さんの作曲の違いなども話してくれました。
聖子さんは、歌謡曲を聴いて育ったそうです。
なので、自分の作るメロディーは、最初低調に始まり、Bメロで少し雰囲気を変え、サビで盛り上げるという分かりやすい曲だと言います。
対してイルカさんは洋楽を聴いていたそうで、サビでもあまり盛り上がる感じはないのが特徴ということでした。
3曲目の「坂道の少女」
当時はこの歌の歌詞の意味が分からず歌っていたそうです。
ジャケットで着ていたセーラー服は学校の制服ではなく、本当の水兵さんのセーラー服だったそうです。
4曲目「星空のメッセージ」
5曲目「春」
6曲目「雨の日のサンシャイン」
ここで聖子さんの学生時代の恋愛トーク。
通学するバスの中に気になる男子学生がいて、満員ギュウギュウ詰めの車内では話せる機会もなく、話すきっかけを作りたいと考えていたそうです。
麿顔のサッパリ系男子だったそうです。
先に乗り込んでいる聖子ちゃんは車内奥に押しやられ、あとから乗る男子学生とは決して近くになれない。
近くになれば、バスの停車時のブレーキに乗じて体をぶつけで「ごめんなさい、お名前は?」と話しかけるシナリオだったそうです。
そして何とかようやく話すきっかけが作れた時かけた言葉は「お住まいは?」だったそうです。
名前ではなく、住んでいる場所を聞き出したというのがミソ。名前は探り当てていたようです。
その後が、怖いエピソード。
友達と二人で、彼の住んでいる町の「XXさん(彼の名字)」当てにかたっぱしから電話をして捜索活動を行ったということです。
そしてようやく彼の自宅の電話に辿りついた時に、「やったあ~」と友人と喜びあって、それで終わったとのこと。
探し当てた達成感で満足してしまったというオチでした。
そして7曲目の「卒業」。
ミュージシャン人生最大のヒットで、オリコン50位まで行ったそうです。
イントロの半音ずつ音階が変わるところを聴いて、難しそうでやだなあと思った、又、思わずコサックダンスを踊りたくなるようなメロディーが続きます。
と冗談混じりのトークも。
この頃は聖子さん自身の短大の卒業の時期と重なっていたそうで、でも、聖子さんは単位が足りなく、当時の教授から色々厳しい指導を受けていたそうです。
もう留年かという思いを持ちながら歌っていたと、裏話を披露。
8曲目「あなたへのバースデイカード」
「卒業」のヒットから、この作品も同じ作曲者(加藤和彦)にお願いしたそうです。
タンバリンを軽快に叩きながらノリノリで歌います。
タンバリンのリズムは裏拍子。
会場からも、タンバリンに合わせて裏拍子での手拍子。
会場全体がノリノリになっていました。
しかし、だんだん手拍子がバラついてきて、歌う聖子さんも思わず笑いをこぼす。
そして「自由に叩いて」と会場に応援。
バラバラになる裏拍子の調子っぱずれになる会場の手拍子に惑わされることなく、きっちりとノリノリで歌い切ってくれました。
9曲目「ドールハウス」
10曲目「季節」
このシングルから日本フォノグラムに移籍となり、サウンドも大きく変化していったとのこと。
色々大人の事情があっての移籍だったそうです。
11曲目「都会人」
ジャケットはどこかのバーのカウンターを思わる大人の雰囲気に感じたのですが、実はこれはレコーディングスタジオで、コンソールブースの中にいるのを撮影したとのことでした。
聖子さん本人はこのジャケットの写りがとても気に入らなったようです。
光が鼻にあたっていて「まるでバカボンの鼻」と言っていました。
言われてみれば確かに、バカボン鼻。
このしっとりとした大人なムードのジャケットに見事なオチの解説でした。
12曲目は聴き覚えのない曲で、何だろうと思ったら「都会人」のB面「思いちがい」でした。
この後、今回のシングルライブ開演のきっかけになったMEG-CDの話題。
サークルKサンクス企画のキャンペーンは大好評で、3月のキャンペーンのCD売り上げは5千枚だったそうです。
そして今回のシングル盤。
売り上げ1位は12インチシングルで収録3曲中2曲が未CD化の「ナチュラル」。
「そして2位はなんでしょう?」という問いかけを会場に振りました。
私は「ナチュラル」と同様、B面の曲が未CD化の「風色のチャンス」と思っていて、実際に私が購入したのもこの2枚でした。
しかし、予想に反し、聖子さんから「今まで歌った中の曲ですよ」というヒントが。
あれ?「風色のチャンス」はまだ歌っていないから違うんだ。どの曲だろう?
と意外に思っているところで正解を発表。
やはり「風色のチャンス」なのでした。
そしてすかさずギター奏者の林さんが「まだ歌ってないよ」という厳しい突っ込みを入れてきて会場が大爆笑。
聖子さんは盛んに「海馬が、海馬が」と言って笑っていました。
13曲目「あなたからフェードアウト」
これはミニアルバム「アンジェーヌ」からのシングルなのですが、聖子さん本人は覚えていなかったとのこと。
14曲目「風色のチャンス」
15曲目「ノンストップエレベーター」(風色のチャンスのB面)
16曲目「ポニーテール」(「ナチュラル」のB面)
17曲目「ナチュラル」
この頃、事務所を止めたいとずっと悩んでいたそうです。
悩みを事務所に打ち明けると「じゃあ止めるか」ととてもあっさりとした反応で聖子さんはがっかりだったそうです。
アイブアルバム「イノベーション」の時にはイルカ事務所を止めることが決まっていたそうですが、ライブでもそのことには触れていなかったそうです。
今でも「イノベーション」は聴くのがつらいので聴いていないとのことでした。
イルカさんが花束を持って駆けつけてくれたそうで、その後は涙で歌えなかったそうです。
18曲目「冷たい言葉で傷つけて」
これが最後の曲になりました。
歌う前に「今日はこれが本当の最後の曲で、アンコールは用意していません。」
と断りを入れて思い入れを強く込め、ラストに相応しい歌い上げでした。
歌い終わると「みなさんくれぐれもお体には気を付けて下さい」と会場の年齢層を配慮したトークで会場を和ませて閉幕となりました。
時計を見ると19:30。
2時間半の充実のライブでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

TAD-D600が故障~修理~そしておみやげが...

ほぼ一か月前のことでした。
CD/SACDプレーヤー TAD-D600が故障してしまいました。
プレーヤーの操作ボタン一切が効かなくなってしまったのです。
電源スイッチのオン・オフから効きません。
でも、時々思い出したかのように効きます。
最初はリモコンの電池切れだと思いました。
購入したのは2010年ですから、まる6年経ちます。
これまでリモコンの乾電池の交換をした記憶がありません。
そこで電池交換をして操作をしましたがそれでもスイッチ類は反応しません。
本体のスイッチを直接操作しても全くダメでした。
本体外付けの電源ボックスの電源オン・オフ操作によって、プレーヤーの操作も一時可能になったりしましたが、しばらくすると操作不能になります。
完全に故障でした。
気持ちが大きく沈んでしまいした。
修理代はどれくらい? 
26キロもあるプレヤーの2階の部屋からの搬出と箱詰めはどうしよう? 
運送業者はどこに手配すれば?最近は宅配は扱ってくれないようだし...
色々頭に浮かび憂鬱でした。
購入後6年経過しているので、勿論保証期限切れです。
修理に出すにも、最近は宅配ではオーディオ機器は取り扱わないと公言されています。
先ずどこに修理の依頼をすべきか考えました。
TAD社に直接依頼するか、購入店に相談するかです。
購入店とは言え、TAD-D600購入以降は、その一年後にTAD-C600を購入したきりなので、丸5年全くコミュニケーションを取っていませんでした。
果たして相談に応じてくれるかどうか。
とは言え、先ずは購入店に相談しようと思い、メールで故障の旨と、修理に出すための手続きを素直に相談させて頂きました。
6月20日の19:00頃でした。
そしたら、直ぐに自宅の電話が鳴ったのです。
購入店の方が直ぐに応対してくれたのです。
これだけでも嬉しかったのに、電話で改めて症状をお話しすると、メーカーに先ずは聞いてみますということで一旦電話を切り、その後直ぐにメーカーからの故障復旧案を教えて頂いたのです。
結果としては、その復旧案でも症状は変わらずでしたので、本格故障ということで修理に出すことになりました。
そして、修理品の引き取りはその購入店が直に行ってくれる、とてもありがたいお話でした。
7月3日に自宅まで引き取りに来て頂き、故障品を2階から降ろして箱詰めまでして頂き、持ち帰って頂いたのです。
本当にありがたかったです。
週明けにはTAD社に故障品を専用便で届けて頂き、数日後には修理代金の見積もりも頂きました。
修理代金は予想より安く済みました。
そして7月23日、修理が済んでTAD-D600が無事に帰還しました。
お店の方が直接届けてくれたのです。
この時に、TAD社の方も同伴され、TAD-D600の電源ボックスと本体の2筐体を2人で2階でま運んで頂き、設置までして頂きました。
私はただお二方の作業を見守るだけというとても楽な役割で済んでしまいました。
何と、修理品を納入頂いただけで、新規購入は無いにも関わらず、最後にはTAD社の刻印が入った記念品まで頂いてしまいました。
まるで新規購入のようなご対応に感動です。
しかし。
この時とんでもない「罠」が仕掛けられてしまったのです。
TAD-D600専用のグレードアップ用DCケーブルTAD-LN0208(電源ボックスから本体に電源を供給する2本(クロック用とそれ以外用)の特殊構造の電源ケーブルです)を試聴用の貸し出しとして置いて行かれたのです。
「2週間後ぐらいに、着払いで返品頂ければ良いですっよ」とのことでした。
「修理品だけを納めて帰るのも芸がない、何かイベント的なことも提供したい」というお二方のお気持とのことでした。
しかしこれが本当に親切心だったのか、罠を仕掛ける企みだったのか、今になって思うと明らかに後者ではなかったのかと思っている次第です。
貸出しを受けたDCケーブル(2本)は標準価格(税抜き)で6桁も行く高額品です。
オリジナル付属品に比べて一回りも二回りも太く、重さもズシっとくるケーブルです。
このケーブルは発売時にオーディオ関係のニュースとしてあちこちのサイトや雑誌にも紹介されていましたし、TAD社からも紹介資料が送られてきたりもしました。
しかし、高価格なだけに全く買いたいとは思いませんでした。
ただ、実は、TAD-D600を購入した時に、付属のDCケーブルが電源ケーブルにしては細い感じがして、ちょっと気にはなったのです。
現在私が使用しているケーブル類を製作したメーカーの方に、このDCケーブルの特注は出来ないかと相談を持ち掛けたことはありました。
その時には、9ピンの特殊構造ケーブルなので難しいという返事でした。
そんなわけで、DCケーブルに興味はあったのですが、購入意欲までは湧いてきませんでした。
そのDCケーブルのTAD純正のグレードアップ製品を貸出用に持ち込んで頂いた訳ですから、これは聴かない訳にはいきません。
果たしてどれだけの音の差となって現れるのか、興味津々でした。
価格からしたら、普通に高級オーディオ機器が何か買えます。
ちょっと足したら、オーディオテクニカのAT-ART1000も買えます。
なので、一応は試聴はするけれど、購入検討など全くする気にもならないまま返却することになるだろうと高を括っていました。
TAD-D600のDCケーブルはグレードアップ版が接続されていました。
故障中に聴けなかったCD達から聴き始めました。
直ぐにとても違和感と驚きに捉えられました。
TAD-D600が故障中には、マランツのSA-7S1で聴いていたのですが、そのS1の音に慣れていたせいかもしれませんが、どのCDを聴いても、とても音の鮮度が高く、そして力強いのです。
又、音像の焦点感も強く、反面、音場感がとても広いのです。
TAD-D600の音がもともとマランツと比較しても高いレベルであったことは間違いないのですが、自分が思っているレベルの差よりもより大きな差に感じられたのです。
「これは、たまたま新しいCDの悉くが録音が良いからなのか?」
と思ってもみたのですが、そんなことはあり得ません。
70年代のロカビリーや、00年代のパワー・ポップで、こんな音は聴いたことがありません。
それならばと、新規機器購入やセッティング変更時に必ず聴くことにしている定番のCDを取り出しました。
録音の良いCDも録音が普通のCDも両方含んでの私なりの音質チェック用CD達です。
いやあ、驚きました。
TAD-D600でも何度も聴いていて、聴こえ方を覚えているCD達が、初めて聴くCDであるかのように新たな聴こえ方だらけになってしまったのです。
こういう聴こえ方の新鮮さは、パワー・アンプをアキュフェーズP5000からA65に変えた時と同じような、
或いはCDプレーヤーをアキュフェーズDP-700からTAD-D600に変えた時と同じような新鮮さだったのです。
低域のマス感、密度感が増量。ベースが唸る唸る。
音場が広がる広がる。
音像が空洞の張り子ではなく、無垢のように中身がぎっしり詰まって像として迫ってくる。
波音はしぶきの粒子や波の数が増えている。
しかも、それまでは波の音だけしか聴こえなかったところに、かすかながら鳥の鳴き声まで聴こえ出したのです。
脅威でした。
とても大きな変化でした。
TAD-D600自体のグレードアップ手段は無いと思っていましたが、あったんですね。
とにかく、それからというもの、毎日聴く「音」に感動している状況なのです。
音像の密度感が強烈にアップし、実在感がすごい。
そして低域の力量。
パワー・アンプをレベルアップした時と同等の変化が明確に現れました。
スピーカーのセッティングし直し(壁距離の見直し)が必要かなとまで思いました。
そりゃ、6桁も出して何も変化が無いようじゃ困ります、とは思いますが、変えたのはDCケーブルだけです。
このケーブルを導入することで、パワー・アンプのグレードアップと同等の効果が得られることが分かってしまいました。
正直、オリジナルの付属DCケーブルに戻すことが怖くて出来なくなってしまいました。
戻すことで、それまで毎日味わっていた感動を味わえなくなることが怖くなってしまったのです。
次の日曜には返却しなければならない、その時のがっかり感を想像出来てしまったのです。
本当に困ったものです。
これが罠だったことに気づいた時には「時、既に遅し」です。
もう聴いてしまったのですから。
お二方の見事なまでの「イベント」の罠にはまってしまいました。
お二方は絶対に分かっていたと思います。
このDCケーブルは一度聴いたら絶対に手放せなくなることを。
まんまと罠にはまった私は、お二方の予想(期待)通り、もう戻れない状態になってしまいました。
聴き始める前の、あの「絶対に購入検討すらする気にならない」という自信は何だったのか。
これもう選択の余地はありません。
あとは、この高額のDCケーブルを買うことの正統な理由を自分に向けて付けるだけなのです。
TAD-D600がグレードアップされた、その差額だけでグレードアップ版を購入出来た、そう思うことにしたのです。
新品のDCケーブルは先週の日曜に届きました。
受け取りと同時に、貸出品を返却しましたので、もう一度も標準版には繋ぎ変えてはいません。
毎日、どのCDを聴いても、ずっと、初めてグレードアップ用DCケーブルを繋いで出た音を聴いた時と同じ感動を味わっています。
修理のご対応を含め、こういう付き合い方が出来るのはリアルショップならではなのかなと改めて思いました。
TAD-D600をご使用の方はご注意を。
安易な気持ちでTAD-D600のDCケーブルのグレードアップ版を試聴するのは止めておいた方が良いですよ。
ほぼ間違いなく、資金調達の算段が必要になりますので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年11月 »