« 神田古本まつりの成果です。 | トップページ | 昨年の総括 »

2021年1月 2日 (土)

元日の日記

謹賀新年

今年からまた、日記を始めたい。

先ずは元日初日の日記。

朝3:30に起床。

一昨日は大晦日ながら、いつも通り19:00に就寝してしまった。

大晦日の各種特別番組は一通りBRに録画していたので、朝はそれを見ながらのんびり。

先ずは紅白。興味のない歌は早送り。

結局、連ドラエール関連のコーナーを残して他は削除。

朝飯替わりのリンゴと、クリスマスケーキの残り(ホールケーキモンブラン)を食べてようやくクリスマスケーキは完食。

これで残りのクリスマスケーキはチョコレートケーキのみとなった。

今週中に食べきれるかどうか。

朝9:00過ぎに、近場の地元神社に初詣。

人は殆どいない状態でスムーズにお参り。

そのまま秋葉原に直行。

目的は、「肉の万世」での昼食。

1ポンドハンバーグを予定通り食し、御飯も予定通り2回のお代わり。

腹も膨れて大満足。

そこで次の予定はお茶の水に移動してディスクユニオンへ徒歩で移動。

しかし、ユニオンは元日休業。

まあ、良い腹ごなしになりました。

秋葉原に引き返してブックオフへ。

元日から全ての本が2割引きということで張り切って入店。

オルガ・トカレチュク辺りを探してみましたが、既に持っているものしかありませんでした。

で、成果は2冊。

・半村良「昭和悪女列伝」(集英社文庫)

・カート・ヴォネガット・ジュニア「ガラパゴスの箱舟」(ハヤカワ文庫)

半村良は、ずっとSF作品は読み続けてきたものの、非SFは時代ものも含めて読んでいなかったので、非SFものも読もうと気持ちを入れ替えたもの。

カート・ヴォネガットは、興味はあったものの、読むには至っていなかった。300円以下で買えそうなものを買い集めていて、見つけた。

何となく持っていそうな気もしたけど、持っていなかった場合の後悔を考えると怖いので、ダブリ覚悟で購入。

で、この2冊だけで帰宅。

早速本棚を確認したら、「ガラパゴス」は購入済みだった。

またやってしまったと思ったが、まあ、今日の本は帯付きだったので、アナザー本として完全タブリではなかったこととし、「良し」としました。

郵便受けには二つの小包と年賀状の束。

小包二つは、アマゾンに注文していたSFマガジンバックナンバー(1972年2月号)と、CD。

SFマガジンバックナンバーは、眉村卓「枯れた時間」の収録狙い。

最近、眉村さん作品の再読を行っていますが、中高大時代に読んでいた作品は全部実家にあって今の住処にないので、買い直しています。

出来るだけオリジナル出版物で。

「枯れた時間」は中学の時に文庫版で読んでいるけど、この文庫版がなかなか見つからないので、最初の掲載雑誌を探しました。

読むのが楽しみです。

CDはRobert Gordon の最新作 "Rockabilly For Life"。

ゲスト参加がとにかく豪華。

全15曲全てにゲストをフィーチャーしているコンセプト。

私の狙いのゲストは Dave Alvin 。

聴くのが楽しみです。

今年最初の入手CDでした。

そして今年最初のCD聴盤は、オムニバスCD「BIG Stir Singles : The Eighth Wave」。

これは、ギター・ポップ~パワー・ポップの超優良専門レーベルである "Big Stir Records" のシングル盤を集めたCDの第八弾。

今作でも、綺麗な響きのアコースティック・ギター、エレキ・ギターを全面にフィーチャーしたギタ・ポップ~パワー・ポップを堪能。

Beatles や Byrds、そして初期 R.E.M. のようなサウンドと楽曲が満載の全20曲。

官能的な快楽すら味わえた一枚でした。

以上

|

« 神田古本まつりの成果です。 | トップページ | 昨年の総括 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神田古本まつりの成果です。 | トップページ | 昨年の総括 »