ガレージ

2012年12月16日 (日)

CD聴盤日記(12/16):ガレージ系。B-Back、Terrible Feelings、Sewergrooves、The Canary Sect、Heart Attack Alley。

B-Back "Experiment In Colour"
Bback 好度:4
ジャンル:ガレージ
感想:
イタリア産。骨太なサウンドとポップなメロディーのガレージ・ロック。
このジャケットからは、カラフルなパワー・ポップを連想させるが、ギター・ポップ系ではない。
でも、ガレージサウンドをベースにしたパワー・ポップという言い方が出来るかも知れない。
勿論、この場合のパワー・ポップはギター・ポップ系ではなくロックンロール系。
それでもガレージにありがちなチープなピーピーオルガンや、ノイジーなファズギターは無し。
骨太なギター・サウンド真っしぐらで、漢気満点な演奏が楽しめる。

Terrible Feelings "Death To Everyone"
Terrible_feelings_2 好度:4
ジャンル:ガレージ~パワー・ポップ
感想:
Detroit Cobras タイプの骨太な演奏を聴かせる、女性ボーカルのガレージ・ロック。
アーシーで重量感タップリのガレージサウンドは正にデトロイトスタイル。
オージー系の Birdman や ASTEROID B-612辺りを思わせるロックンロール。
ギターはラウドになりすぎず、明瞭な響きも聴かせ、パワー・ポップな味わいすら感じさせる演奏である。

Sewergrooves "No Hidden Tracks : 2000-2012 Special Tour Collection Limited Edition"
Sewergrooves 好度:4
ジャンル:ガレージ~パンク
感想:
スウェーデン産のガレージ系パンクバンドの5作目。
オージーパンクの雄、Radio Birdman すら想起させる骨太でハードヒッティングな演奏の中に、ポップなメロディーが散りばめられ
ているが彼らの魅力。
この最新作でもその魅力は変わらない。むしろ、ポップなメロディーはより際立っているように思える。
ハードコア・パワー・ポップとでも命名したいスタイルである。
オクラ入り音源とまではいかないけど、アルバムには未収録だった曲等のコレクションのようである。
全12曲収録で、12年間の幅があるとは思えない演奏、サウンドの統一感で、普通に新作アルバムとして楽しめた。
Denis Tek の曲も演奏しているが、さすがに Birdman スタイルの演奏で格好良い。
ラストの曲では、フルアコースティックのアンプラグドスタイルでのライブ音源。
ひりつき感のある緊張感一杯の演奏でビシっと締めくくってくれた。

The Canary Sect "Shake It But Don't Break It!!!"
Canary_sect 好度:4
ジャンル:ガレージ
感想:
スペイン産のガレージバンド。
ハーモニカをフィーチャーし、泥臭さ一杯の演奏を聴かせる。
Fleshtones タイプのR&B色を纏ったガレージ・ロックンロールである。
このアルバムのオリジナルリリースは06年でアナログLPのみ。ドイツのレーベルからであった。
これが一年後の07年にスペインの Bip Bip Records からCD化。
今はなき Not Lame でも販売されていたようであるが、買い損ねていたもの。
巡り逢えてラッキーであった。

Heart Attack Alley "Living In Hell"
Heart_attack_alley好度:3
ジャンル:ガレージ~ブルース・ロック
感想:
VooDoo Rhythm からの一枚。
男女混合三人組。女性は二人である。
全曲にブルース・ハープがフィーチャーされ、泥臭さ一杯のパワフルなブルージー・ガレージロックを披露。

初期の Fabulous Thundirbirds よりも Red Devils の方に近い、パワフルさとドライブ感を味わわせてくれる。
ぶっとい骨太なサウンドと縦ノリのリズムによる豪快なロッキン・ブルースである。
只、残念なのが、トリオ編成が足枷になっているのか、リズムもメロディーも一本調子なこと。もう少し楽器数を増やしても良いのではとつい思ってしまわせてしまうことがマイナス。プロデューサーに Steve Berlin でも起用するとひと皮むけてくれるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

CD聴盤日記(11/24):ガレージ系。

Help Me Devil "s/t"
Help_me_devil 好度:4
ジャンル:ガレージ~ロックンロール
感想:
パンクと紹介されているようであるが、これは間違いなくパブ・ロックである。
とは言っても、現在のバンドであり、しかもスペイン産。
ギター、ベース、ドラムというシンプルなトリオ編成で、繰り出す音楽はシンプル&ストレート、そして原石的なロックンロール。
Pirates、Hurriganes 等を彷彿とさせる小気味良い演奏のオンパレード。
ジャケット雰囲気を含めて、70年代英国産のパブ・ロックバンドの発掘盤と言われたら絶対にそのまま信じてしまうこと間違いなし。
このアルバムは10年作で、今年の12年作の存在も確認。
最新作の方は、スペインの優良ロカビリー専門レーベルの El Toro から。
購入必須バンドである。

Freddie Fano & Los Marijuana Trio "La Venganza De Montezuma Is Back"
Freddie_fano 好度:4
ジャンル:ガレージ~ロックンロール
感想:
バンド名と、ソンブレロのジャケットデザインから、てっきりメキシコ系(テックス・メックス)のルーツ・ロックと想像したのであるが、これはハズレ。
スペイン産のガレージ~ロックンロールバンドであった。
しかし演奏自体は、シンプルなルーツ・ロックとも言えるもので、Billy Bacon を彷彿とさせられた。
メキシカン・フレイバーとまではいかないものの、オールドスタイルのロックンロールと全曲スペイン語であることから、メキシコ産のガレージバンドと思わせてくれるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

CD聴盤日記(2/13):先週の到着物からガレージ系1枚です。The Screaming Tribesmen。

聴盤夜の部は先週到着物から2枚です。先ずははガレージ系。
The Screaming Tribesmen "Bones + Flowers"
Screaming_tribesmen 好度:4
ジャンル:ガレージ~ギター・ロック
感想:オーストラリアが誇るロックンロール・バンド Radio Birdman の関連バンドのこれは87年作。
このアルバムはずっと持っているつもりであったが、どうしても見つからず、改めて購入した。
プロデュースクレジットを確認したら、バンドリーダーである Chris 'Klondike' Masuak と Alan Thorne。
こんな記憶は無いので、やはり持っていなかったかもしれない。
いずれにせよ、こんな豪華なコンビでのプロデュース作、悪いはずが無い。
演奏は、Birdman とは異なり、Klondike 色が全面に出た感じのルーツッィーな感触が格好良いギター・ロックである。
少しダークな雰囲気をまとっているのも格好良さの創出に繋がっている。
ドライブ感の心地よいロックチューンから、アルペジオの綺麗な響きのギター・ポップな味わいのミドルテンポのアコースティックチューンまで心地よく聴かせるギター・バンドである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CD購入&聴盤日記(2/20):昨日の店頭購入分(6枚)から、先ずはガレージ系1枚。Ugly Beats。

昨日の店頭購入は6枚。
というのはウソで、他に14枚購入し、全20枚となってしまいました。
この14枚はホール&オーツの最新リマスタの紙ジャケ・ブルー・スペックCDです。
枚数が枚数なのでこれはボックス・セット同じ扱いで、いずれ機会を作って集中聴盤を行うつもりです。
でも、未聴ボックスが4つ(太田裕美、おにゃんこクラブ、オリビア・ニュートンジョン、カーペンターズ)もあるので、今回のホール&オーツはいつ聴けるのか...

ホール&オーツ以外の6枚の聴盤日記です。
先ずはガレージ系。
Ugly Beats -Motor-
Ugly_beats 好度:4
ジャンル:ガレージ
感想:フォーク・ロック系の演奏を楽しませてくれるガレージ・ロックバンドの10年リリースの最新作。
これまで2枚彼らのアルバムを聴いているが、本作が一番フォーク・ロック系(Byres~ビートルズスタイル)の演奏が気持ち良く味わえる内容となっている。
勿論、いかにもガレージなガシャガシャしたチープなガレージ・ロックもあるが、12弦リッケンサウンドが煌びやかに鳴り渡るByrds風フォーク・ロックが登場するし、かと思えば、ビートルズのカバーとすら思えるマージー・ビート・ポップも堪能出来る。
メロディーも、60年代ポップスを感じさせる懐かしさ杯のフレーズが随所で味わえる。
もう、ガレージの枠を完全に捨て去って、ギター・ポップ路線を極めて欲しい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

CD購入&聴盤日記(1/23)その2:昨日の店頭購入物からガレージ物。The Intercontinental Playbpys。

The Intercontinental Playbpys -Hymns Of The Flesh-
The_intercontinental_playbpys 好度:3
ジャンル:ガレージ
感想:オl-ストラリアのガレージバンドとのこと。
演奏はオルガンがフィーチャーされた、いかにもネオ・ガレージという雰囲気のガシャガシャした演奏で、60年代を思わせる古臭さが全体を覆っている。
どこか妖しさを漂わせた感じは Fuzztones 辺りを思わせる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

CD購入&聴盤日記(1/9):新年初の店頭購入でした。Soundflat Records Ballroom Bash 4、The Branded。

昨日は新年初の店頭購入日となりました。収穫は7枚でした。
先ずはガレージ系3枚です。

V.A. -Soundflat Records Ballroom Bash 4-
Soundflat_records_ballrom_bash 好度:4
ジャンル:ガレージ
感想:6バンドを収録したレーベル・コンピ。各バンド4曲ずる収録しており、全24曲の大盤振る舞いである。
収録バンド順の感想は次の通り。
①Trashmonkeys
シンセ音がうるさいものの、演奏はストレートなガレージ・ロック。パンキシュで骨太な演奏である。
②Tuna Tacos
60年代のオールディーズを思わせる、古臭っくて気持ちの良い演奏を聞かせる。ファズ音とチープなオルガンがいかにもガレージであるが、楽曲は警戒なオールディーズ風のロックンロールである。
③Fuad & The Feztones
ホーンがフィ-チャーされ、黒っぽい雰囲気が格好良い。
④The Branded
パブ・ロックっぽいR&Bベースのロックンロールである。
Dr. Feelgood や Count Bishops 辺りに通じる演奏である。
⑤Las Aspiradoras
チープなオルガンがいかにもガレージな雰囲気を作り出している。粗く歪んだ音もわざとらしくて良い。
ノリの良い軽快な演奏である。
⑥Les Kitschenette's
女性ボーカルのガレージバンド。荒々しいプリミティブなロックンロール。Detroit Cobras を更に原石的にしたような演奏である。原語がフランス語のように聞こえる。

②Tuna Tacosと④The Brandedについては、単独アルバムを聴いてみたくなった。

The Branded -s/t-(08年)
The Branded -Shout & Holler!-(09年)

Branded_brandedBranded_shout  
好度:3
ジャンル:ガレージ
感想;スウェーデンのガレージバンドの1stと2nd。
シンプルでストレートなロックンロールであるが、そのスタイルは極めてプリミティブ。
荒々しい原石のようなゴツゴツしたサウンドで、しかもモノラル録音で聞かせるこだわりよう。
"Soundflat Records Ballroom Bash 4"というガレージコンピで聴いた時にはパブ・ロックのような軽い感じもあったが、アルバムを通して聴くと、パブ・ロックのような軽さはなく、重厚なゴリっとした感触に満ちている、
これがロックの原始の姿とでもいうような迫力に満ちた演奏である。
モノラル録音が苦手であるが、ここまでの迫力で迫られるとこれも許してしまう。
そして時に挿入される60年代オールディーズのような優しいメロディーにもグサっとやられてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

CD聴盤日記(12/5)その2:ガレージ系3枚です。The Dagoes、Small Jackets、The Morlocks。

The Dagoes -Christmas-
Dagoes_2 好度:4
ジャンル:ガレージ
感想:オーストラリアのガレージ系ロックバンドのクリスマス企画EP。
たった2曲であるが、妙に機器応えのある骨太なルーツィー・サウンド。
歌詞的にはクリスマスをテーマにしているようであるが、演奏だけを聴くと、歌詞の意味が分からないので、普通のガレージ系のルーツ・ロックにしか聴こえない。
骨太なデトロイト系のサウンドで、サックスなども入っているせいか、Spwringsteen 辺りの演奏に近いアメリカン・ロックとして楽しめる内容である。

Small Jackets -Walking the Boogie
Small_jackets 好度:4
ジャンル:ガレージ
感想:ジャケットは見るからにルーズなロックンロールを聴かせてくれそう。
その期待を裏切らないルーズなロックンロールで幕開け。
調べてみたら、このバンドの前作"Cheap Tequila"を昨年購入していた。
やはりDiamond Dogs タイプのバンドという感想を持っていたことが判明。我ながら納得。
Georgia Satellites~Diamond Dogs タイプのロックンロールである。
ぶっとく、且つのタメの効いたサウンドで押し捲る。
しかし、ハード・ロック調が強めに出てしまう曲もあるが、ハーモニカとアコギで渋く迫る曲もあり、南部臭さタップリ。
フルボリュームでラウドに聴きたい!!

The Morlocks -The Morlocks Play Chess
Morlocks 好度:4
ジャンル:ガレージ
感想:ブルース・ハープとダミ声という組み合わせでドスの効いたR&Bを聴かせるスタイルは、Dr. Feelgood か George Thorogood(全く関係ないけど、どちらも名前の最後に"good"が付く)。
そのいずれをも連想させずには置かないブルージーなガレージ・ロックンロールである。
シンプル&ストレート、そして荒々しさが格好良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

CD聴盤日記(11/21)その3:昨日の店頭購入物からガレージ~パンク系3枚です。The Dagoes、Swingin' Neckbreakers、Los Fuocos。

The Dagoes -Oh No-
Dagoes_3 好度:4
ジャンル:ガレージ~ロックンロール
 

 

 

 

 

感想:いわゆる初期ストーンズタイプと言われる荒々しさ一杯の骨太でブルージー
   なロックンロールである。
   泥臭いハーモニカもフィーチャーされ、パブ・ロッキーな雰囲気も格好良い。
   Feelgood や Pirates にガレージ風のざらついた木綿越し肌触りを与えたよ
   うな演奏である。
   ペダルスチールをフィーチャーしたカントリーテイストの曲もあり、心地良い
   ルーツ感が全体に漂っている。
   オーストラリアのアーティストでこれが2枚目になる。
   1枚目はLPとセットになった枚数限定物。
   演奏はインディーズ物のギター・ロックという雰囲気で、悪くは無いが素人臭
   さの残った中途半端さを正直感じた。
   しかしこの新作は違う。
   Scott Morgan のようなデトロイト・パンクのベテラン物を聴いているかのよ
   うな安定感と地に足の着いたルーツィーさを感じる。
   骨太なルーツ・ロックとして楽しめるアルバムであった。  

Swingin' Neckbreakers -Pop Of The Tops-
Swingin_neckbreakers_3 好度:4
ジャンル:ガレージ~ロックンロール
 

 

 

 

 
 
感想:90年代にデビューし、ブルージで骨太なロックンロールをぶちかましてくれた
   このバンド、この新作でも変わらぬぶちかましを味わわせてくれる。
   トリオ編成とは思えないパワフルさは相変わらず。
   ひたすら粗削りでパワフルでストレート。それでいて、どこか懐かしさを感じさ
   せる楽曲が大きな魅力。
   良い意味での古臭さを持った演奏なのである。
   今作からドラムがギター担当になり、ドラムいは Devil Dogs から参加とのこと。

Los Fuocos -Revolution-
Los_fuocos_2 好度:4
ジャンル:パンク~ロックンロール
 

 

 

 

 

感想:イタリアのバンドということであるが、これが実に爽快、且つ豪快な演奏。
   野太いサウンドでストリート系のパンク・ロックンロールを聴かせてくれる。
   リズムの刻みかたが、完全にオージー・ロックの勇、Radio Birdman 。
   意識しているのは明らか。デトロイトスタイルのギター・ロックである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

CD聴盤日記(10/31)その2:昨日の店頭購入CDからガレージ系2枚。Los Chicos。

Los Chicos -Shakin' & Prayin'-
Shakin_prayin 好度:4
ジャンル:ガレージ
 

 

 

 

 

感想:骨太で泥臭いロックンロールを聴かせてくれる。
   R&Bテイストの効いた黒っぽさももったオールドスタイルのロックンロール
   である。
   以前購入したアルバム"Launching Rockets(07)"では Paul Collins が参加。
   今回のこのアルバムは03年もので1stアルバムのようである。
   ガレージ系の荒々しさよりは骨太さが印象に残るロックンロールである。

Los Chicos -Fat Spark!-
Los_chicos_fat_spark 好度:4
ジャンル:ガレージ~ロックンロール
 

 

 

 

 

感想:これは05年作で2ndアルバム。「Raunch Handsっぽい演奏」というお店の
   紹介通り、ロカビリー~ロックンロールをベースにしたプリミティブなガレ
   ージである。
   ひたすら前のめりに演奏する姿が目に浮かぶようなパワフル感。
   Thorogood バリのダミ声と、ブローするサックス。
   原石的な荒々しさが堪らない魅力の塊となって押し寄せてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

CD聴盤日記(9/25):先週、今週到着物でガレージ系4枚。Chillihounds、Loons、The Fleshtones。

Chillihounds "The Album"
Chillihounds 好度:4
ジャンル:ガレージ~パブ・ロック
 

 

 

 

 

感想:最近店頭購入したこのバンドのアルバム"Welcome to the Show"が気に入り、
   過去作を捜し求めたもの。
   なかなか見つからず、アマゾンUKでようやくゲット。
   このそっけないジャケットには食指は伸びないような代物。
   しかし演奏は期待通りの豪快なブルージー・ロックンロール。
   分厚いギターでドライブしまくりの爽快感すら感じさせる演奏。
   スタジオ録音ながら、ライブ録音のような熱さを感じさせてくれる。
   Pirates、InMates、Thorogood、Satellites辺りに通じるロック魂をぶつけて
   くる。

Loons "Red Dissolving Rays of Light"
Loons 好度:4
ジャンル:ガレージ
 

 

 

 

 

感想:以前購入したアルバムの印象では、フォーク・ロックベースの演奏で、
   Groovies や Byrds タイプの演奏を思わせたという印象がある。
   今回のこのアルバムでは、もう少しオーソドックスなガレージ・ロック
   で、フォーク・ロック色は希薄。
   ギター・ロックをベースに、ガシャガシャしたガレージ・ロックを聴
   かせる。良い意味での古臭さが全体に漂うガレージ・ロックである。

The Fleshtones "Hexbreaker / Speed Connection: Live in Paris 85"
Fleshtones_hexbreaker 好度:4
ジャンル:ガレージ
 

 

 

 

 

感想:Fleashtones は80年代USインディーズバンドの一つ。
   ニューヨークのバンドで、LAの Blasters と並び称される存在。
   ガレージバンドとしては、Chesterfield Kings や Fuzztones が有名
   であるが、このFleshtones はロカビリー、R&Bといったルーツ・ロ
   ックにも接近しているところが特徴。
   R.E.M. のメンバーとの交流もあり、Full Time Men というバンドを組ん
   だりもしている。
   このCDは83年と85年のI.R.S.からのアルバムのカップリング。
   I.R.Sからはコンピレーション盤は出ていたが、オリジナル盤のフル収録
   CDは多分初めて。ようやくの嬉しいCD化である。
   演奏は実にまっとうなガレージ・ロックである。
      ちなみにこれがこれまで唯一のI.R.S.盤。
"Living Legend Series"
   Fleshtones_living_legend_series

 

 

 

 

 

 
The Fleshtones "Irs Years 1980-1985: Its Super Rock Time"
Fleshtones_irs 好度:4
ジャンル:ガレージ
 

 

 

 

 

感想:これはタイトル通り、I.R.S.時代のコンピレーション。
   I.R.S.コンピはこれで2枚目になるが、今回は、彼らの1stアルバム
   "Roman Gods"からの収録が1曲を除いて10曲が収録されている。
   どうせなら、全曲全部というのがファンの思いであるが、なぜか一曲
   だけ外している。
   他は、EPやシングル、そして、今回CD化された2枚のアルバムから
   も収録されている。このコンピCDと、1st、2ndの収録CDは同時
   発売のようなので、なぜこんな無駄なことをするのか、意図不明。
   演奏自体は勿論、期待通りのガレージロックンロールで文句なし無し
   なのであるが、コンピレーションとしての意図が今一不明。
   どうせなら、2枚のアルバムのCD化と合わせてI.R.S.のコンプリー
   トにすれば良いのにと思うのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧