パブ・ロック

2013年1月14日 (月)

CD聴盤日記(1/14):パブ・ロックです。Billy Bremner、Trouble Boys、Teddy & The Tigers。

Billy Bremner "Billy Bremners Rock Files"
Billy_bremner 好度:5
ジャンル:パブ・ロック~ロックンロール
感想:
Rockpile は健在!!
Refreshments の面々をバックに従え、腰軽ロックンロールを飄々と決める。
独特なムギムギギターも心地よく、金太郎飴ロックンロールパーティである。
しかし、このアルバムでは、金太郎飴が少し変わった。
三曲目で、バラード調が登場してしまった。
何という変化!!
しかし変化はこれだけ。
以降はこれまで通りの彼のロックンロールである。
永遠のパブ・ロックンローラーである。

Trouble Boys "Bad Trouble"
Trouble_boys_1 好度:4
ジャンル:パブ・ロック
感想:
スウェーデン産の3人組バンド。
このアルバムは11年作で、Billy Bremner、Sean Tyla をゲストというか、メンバー的に迎えて製作されている。
Billy がメインボーカルをとっているようで、このスタイルで思い浮かぶのが、同じスウェーデン産パブ・ロックバンドの The Refreshments。
Billy が以前組んでいた伝説的なパブ・ロックバンド Rockpile を彷彿とさせるというか、そのものとしか言えないようなご機嫌な演奏を聴かせてくれている。
今回のこの Trouble Boys は果たして。
結果は、このゲスト(?)陣で期待した通りのパブ・ロックンロールを披露!!
Rockpile 色濃厚な演奏で、どこまでも軽快で尻軽で能天気とも思えるパブ・ロックンロールの嵐!!
いつまでも何曲でも聴き続けていたい金太郎飴ロックンロールアルバムである。

Trouble Boys "We Keep the Drapes Alive"
Trouble_boys_2 好度:4
ジャンル:パブ・ロック~ロカビリー
感想:
こちらは12年作。
トリオでの演奏で、今回は Billy や Sean 等のゲスト参加は無し。
しかし、Rockpile 系ロックンロールは健在。
只、彼らの本来のスタイルであろうロカビリー色がより前面に出ており、カントリー調も披露。
ノリの良さは前作同様で、軽快なロックンロールを堪能出来るアルバムである。

Teddy & The Tigers "Golden Years"
Teddy_and_the_tigers 好度:4
ジャンル:ネオ・ロカ
感想:
フィンランドの80年代のネオ・ロカバンドのコンピレーションCD2枚組みで、全42曲入り。
初物バンドであるが、このジャケット雰囲気にやられた。
オーセンティック系ではないポップ・ロカビリー。
明るいメロディーと気持良いノリのネオ・ロカ。
アメリカ産のような泥臭さはないけど、決してオシャレじゃない。
60年代ポップスのエッセンスも十分でオールディーズ風味の効いた演奏が切なさを感じさせてくれる、Shakin Stevens 系のネオ・ロカである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

CD購入日記(11/3)その1:パンク系。Spiders、The Hammersmith Gorillas 。

Spiders "Flash Point"
Spiders 好度:4
ジャンル:パンク
感想:
スウェーデン産の女性ボーカルを擁するパンクバンド物。
これがいかにもスウェーデンらしい、骨太なロックンロールベースの演奏で、デトロイト物を思わせる演奏を聴かせる。
女性ボーカルでデトロイト物(ではないけど)ということで、Detoroit Cobras を思い起こしてしまった。
ジャケットに写る、バイクとドラムという組み合わせのイメージそのままのハードにドライブする演奏である。
パンクにありがちな、細くトンガった印象はない。例えるなら、ナタである。
重量感のある一撃必殺の攻撃性である。

The Hammersmith Gorillas "Gorilla Got Me"
The_hammersmith_gorillas 好度:4
ジャンル:パンク~パブ・ロック
感想:
Chiswickレーベルからの70年代のトリオ編成のロックンロールバンド。パンクという紹介はあるが、プレ・パンクとでもい
うべき原石的粗さを持った演奏を聴かせる。
PiratesやInMates、更にはフィンランドの Hurriganes 辺りを彷彿とさせる小気味よい演奏である。
特に Hurriganes とは編成も同じということからか、演奏の雰囲気が似ている。
パブ・ロック~パンクへの導火線とでも言うべきバンドの一つである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

CD聴盤日記 Steve Gibbons Band 3枚です。

今日はイギリスのパブ・ロック~ルーツ・ロッカー Steve Gibbons のCDをまとめて3枚聴きました。

Steve Gibbons "Any Road Up/Rollin' On"
Steve_gibbons_any_road_uprollin_on 好度:4
ジャンル:パブ・ロック~ルーツ・ロック
感想:イギリス産のルーツ・ロッカーの76年よ77年のアルバムを5曲のボーナストラック付きでCD化。
1枚のCDに収録というパターンではなく、2枚のCDになっている。
とは言え、"Any Road Up"の方は、単独でCD化もされていて、更に、別のアルバムとの組み合わせでのCD化もされているという人気アルバム。
私も単独CDで持っているので、今回のCD購入の動機は、"Rollin' On"の方にある。
この77年のアルバムは単独でのCDがなく、探していたもの。
演奏は、当たり前と言えば当たり前であるが、70年代ロック、それもSSW物の雰囲気なアメリカン・ロックである。
Dave Edmunds 風のパブ・ロッキーなロカビリー風ロックンロール、カントリー・テイストの軽快な曲、ブルージーな曲、フォーキーな優しい曲等、一本調子にならない演奏を聴かせる。

Steve Gibbons "Dylan Project, Vol. 2"
Steve_gibbons_dylan_project_vol_2 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:98年に"Dylan Project"がリリースされたが、今回はその続編。
2010年のリリースなので、丸一回り振りということになる。
緊張感というよりはリラックスした演奏が多く、アコーディオンのフィーチャーを含めてカントリームードが全体に漂い、ベテランの味わい十分である。
 
 

Steve Gibbons Band "There And Now Volume 1"
Steve_gibbons_band_there_and_now_vo 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:ベテランnルーツ・ロッカーのベスト盤。
とは言え、これがなかな面白い構成となっている。
2枚組みであるが、1枚は過去、2枚目は現在という組みわせ。
但し、詳細な録音年等はブックレットにも記載がなく、不明なのが残念。
過去作はやはり、70年代アメリカン・ロックそのもの。
しかし、現在の方は、カントリー調も感じさせるルーツ・ロックとなっている。
それぞれ22曲、20曲の収録とボリューム感も十分。
Steve Gibbons の魅力を十分に感じることの出来る編集盤である。
尚、Vol.2 は今年の始め頃にリリース予定となっているので、それも楽しみである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

CD聴盤日記(1/30)その2:ル0ツ系2枚。Jim Patton & Sherry Brokus、Downliners Sect。

Jim Patton & Sherry Brokus "Ray of Hope"
Jim_patton 好度:4
ジャンル:フォーク~ルーツ・ロック
感想:時折パーカッションは入るものの、ドラムレスのフォーク。スタイルの演奏である。
これが、70年代から活動するパワー・ポップバンド 20/20の Ron Flynt のプロデュース作であるから驚く。
アコギ数本に、マンドリン、フィドル、ベースという基本編成で、アメリカン・フォークを軽快に聴かせてくれる。
時々、ブルージーにルーツ・ロッキンなノリも聴かせ、アコースティックセットながらパワフル感も十分な演奏である。
明るいメロディーと軽快なノリが、綺麗なアコースティックサウンドに乗せられて奏でられる心地良さ。
正に陽だまりフォークである。
そして、この2人、初めて聞くアーティストと思っていたら、実は "Edge City"というバンドで活動していたことがわかった。
Edge Cityはエレクトリック・スタイルのカントリー系のルーツ・ロックバンドで、アルバムを一枚だけ持っていた。
他にもう一枚アルバムがあるようなので、これも購入必須!!。
二人のデュオ名義のアルバムも過去作がもう一枚あるのでこれも購入必須である。

Downliners Sect "Dangerous Ground"
Downliners_sect_2 好度:4
ジャンル:パブ・ロック~ルーツ・ロック
感想:60年代のガレージバンドというイメージが強いこのバンドであるが、私はパブ・ロックバンドとして、聴いている。
今回の新作は、見事としたか言いようのない、R&Bベースのパブ・ロックに仕上がっている。
Dr. Feelgood、Inmates、Pirates 等の名前が浮かんでくる、黒っぽい、それもかなりドスの効いたロックンロールである。
Inmatesバリの鋭いノリのパンキッシュさで、Feelgoodバリのタメの効いたルージーさで、そして時に渋くスローに迫る。
ギターのぶっとい鋼の音も、ブルースハープの泥臭い音も、そして少しつぶした様なボーカルも、70年代パブ・ロックそのもの
である。
しかし、録音状態から判断して間違いなく新録である。格好良いとしか言いようの無い演奏である。素晴らしい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

CD聴盤日記(12/25):パブ・ロック系のロックンロール。Graham Parker、

Graham Parker "Squeezing Out Sparks & Live Sparks"
Graham_parker_squeezing 好度:4
ジャンル:パブ・ロック~ルーツ・ロック
感想:79年のスタジオ盤(リマスタ盤)に、全く同じ構成のライブ音源をカップリングしたデラックス盤。
しかも、スタジオ盤よりも2曲追加で収録されている、全22曲入り。
追加のライブ12曲はプロモーション用LPとして作成されたもので、一般流通外のアルバムのようで、これは嬉しい本当の意味でのボーナストラックである。
ライブの音質も極上。スタジオ音源に続けて聴いていて全く違和感が無いレベル。
尚、オリジナルアルバムの方のリマスタ効果であるが、これも文句なし。
つい最近録音されたものであるかのようなクリアな音質で演奏を楽しめた。
日本盤の紙ジャケ盤を持っていても、このライブ音源目当てで買う価値十分な一枚である。

Small Jackets "Play at High Level"
Small_jackets 好度:4
ジャンル:パブ・ロック~ガレージ
感想:いわゆるストーンズスタイルのラフでルーズなロックンロール。
Georgia Satellites、Diamond Dogs、Quire Boys 等と同類のガッツある演奏を聴かせてくれる。
ボーカルが若干ハードロックしていることに難はあるものの、演奏自体は文句なし。
重量感溢れるワイルド・ロックンロールである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

CD聴盤日記(12/17):パブ・ロック Wreckless Eric のStiff 全音源集。

Wreckless Eric "Hits Misses Rags and Tatters: the Complete Stiff Masters_"
Wreckless_eri 好度:4
ジャンル:パブ・ロック
感想:パブ・ロッカーの Stiff 全音源集。3枚のアルバムにシングルも収録した全40曲のCD2枚組み。
曲数はあまり多くはないが、リマスタされているのは間違いないようで、音質は改善されている。
通して聴くと、Wreckless Eric の小気味いいロックンロールの魅力が再発見できる。
Nick Lowe から Dave Edmunds にも通じるようなポップさとノリの良さ。そして彼のどこか幼さを感じさせるボーカルが、どこか優しい雰囲気を作り出している。
このジャケット写真の印象通りの演奏であることが改めて認識出来た。
楽しさ一杯のロックンロールである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

CD購入&聴盤日記(12/12):昨日の店頭購入分の聴盤です。Nick Garrie、Graham Parker。

Nick Garrie -49 Arlington Gardens
Nick_garrie 好度:4
ジャンル:フォーク・ロック
感想:このジャケットから受ける印象は、地味なフォーク・シンガー。しかし、グラスゴー産ギター・ポップの要人達がゲスト参
加。ジャングリーでアノラッキーということではないが、とても明るい日差しを感じさせる、キラキラ感のあるフォーク・ロックを味わえるアルバムになっている。
Nick はイギリス産のSSWで、これは09年のアルバム。
Duglas T. Stewart (BMX Bandits), Norman Blake (Teenage Fanclub), Ally Kerrがが参加していて、彼らの参加が納得の、心地
よいメロディーと演奏ばかり。
立て続けに3回アルバム全体を聴き直してしまった。

Graham Parker -Carp Fishing on Valium-The Songs-
Graham_parker_carp_fishing_on_valiu 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:ベテラン・パブ・ロッカー~ルーツ・ロッカーの新作はライブ・リハーサルのデモ音源集。
しかし、侮るなかれ。アコギ一本の演奏ながら、その迫力はバンド編成を聴いている時と同じような興奮を覚えさせる。
Graham の歌への熱い思いがストレートに伝わってくるライブ音源である。
楽曲は以外にもブルージーな曲が多かった。 

Graham Parker -Official Bootleg:The Bootleg Box[Box set]-
Graham_parker_box_of_bootlegs_box_s このボックスには次の6枚のライブアルバムが封入されている。
6枚とも紙ジャケ(と言っても日本製のような立派なものではなく、投げやりで作ったようなやつ)スリーブにCDが裸で入れら
れている。 

 

 
 
No.1:Graham Parker and the Figgs -Live Cuts From Somewhere(18曲)
Graham_parker_boot_1 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想;アメリカン・パワー・ポップバンドのThe Foggs を従えてのライブ。
しかし演奏は落ち着き感のあるルーツ・ロック。
ノリやドライブ感を強調せず、地に足の着いた演奏を聴かせる。
ミドルテンポのフォーク・ロックのような心地良い横ノリ系の楽曲が多く、メロディーも懐かしさと爽やかさを感じるものばかり
。ギター・ポップにすら聞こえるほどである。
録音も Bootleg とは思えない質の高いもの。Official とうたうだけのことはあると納得。

No.2:Graham Parker -The Bastard of Belgium’s Bastard Brother(11曲)
Graham_parker_boot_2 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:アコギとハーモニカというフォーク・スタイルの演奏。
非常に音が良く、臨場感もあり、インストアライブでかぶりつきで聴いているかのような錯覚に陥るほど。
曲は、弾き語りものにありがちな、退屈な「語り」ものではなく、ちゃんと歌を聴かせる「歌もの」である。
ノリもメロディーも文句なし。

No.3:Graham Parker and the Twang Three -Yer Cowboy Boot(19曲)
Graham_parker_boot_3 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:このライブでは、Twang Three と名乗るバンドを従えての演奏で、バンド名から想像出来る通り、アメリカン・ルーツをベ
ースにした演奏を聴かせる。
バンド編成でのパワフルでドライブ感溢れる演奏は、これまでの2枚のライブ盤とは明らかに方向性が異なる。
そして、ペダルスチールの導入が、カントリーフレイバーを味わわせてくれる。
尚、The Twang Three"とは、Tom Freund、Drew Glackin、Konrad Meissnerのようで、Tomはソロでアルバムを多数出している。
Drew はオルタナ・カントリーの Tandy のメンバーのようで、Konradは初耳。
このアメリカン・ルーツ路線のライブをもっと聴かせて欲しいと強く思う。
録音も勿論文句無しの高音質である。

No.4:Graham Parker and the Small Clubs -Platinum Bastard(19曲)
Graham_parker_boot_4 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:"Small Clubs"はGrahamのバックバンドのようである。
録音はこれまで聴いた中では、一番 Boot チック。少しオフ気味の録音で、音像が遠くにあるように聞こえる。
又、少しノイズ感もある。しかも、一番の問題モノラル録音かと思えるような音場感の狭さ。音場と音像に立体感が無い。残念。
演奏は、Graham 流パブ・ロックな雰囲気の演奏で、時にカントリー・ロックや、Nick Lowe を思わせるホノボの系のロックも聴かせる。

No.5:Graham Parker and the Small Clubs -Burning Trousers(4曲)
Graham_parker_boot_5 好度:4
ジャンル:ルーツ・ロック
感想:No.4と同じ編成での演奏のよう。録音の感じも同じ。
なぜ4曲だけのEPなのか。録音日時の違いだけなのかは不明である。

 

 

No.6:Graham Parker and the Rumour-LIVE AT NEWLANDS TAVERN(12曲)
Graham_parker_boot_6 好度:2
ジャンル:ルーツ・ロック
感想;これは正直、聴いているのがつらいほどの質の低い録音。まさに Bootleg。
音は完全にオフマイクとしか思えない。客席で録音したかのよう。
音のコモリ具合、音像の遠さ、音場の狭さ、文句なしのBootっである。
まあ、Rumour との録音ということはそれなりに古いとは思うのだが、その事情を差し引いても尚、この音の悪さには辟易するほど。
途中で、昔のカセットテープでも聴いているかのように、音像が大きく揺らぐことすらある。残念。

ボックス収録のCDを一通り聴き終わったが、このCDはいずれも、彼のHPで単発販売されているもの。
No.5のみが4曲入りのEPで他は10曲以上のアルバムで、このEP以外は10$~15$。
この6枚が一つのボックスにまとめられ、値段が3,000円未満で販売されていたのだから買うしかない。
アマゾンでも4,600円以上の根付けあるから、圧倒的に格安であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

CD聴盤日記(12/6):パブ・ロック~パワー・ポップなバンド The Dogs 4枚です。

Dogs "3 Original Album Classics"
Dogs  

 

 

 

 

 

Too Much Class For The Neighbourhood(82年)
Legendary Lovers(83年)
Shout!(85年)

Dogs_too_muchDogs_legendaryDogs_shout
   
好度:4
ジャンル:パワー・ポップ
感想:フランス産パブ・ロックバンドということでこれまで聴いていたが、この80年代の3枚のアルバムを通して聴くと、これはパブ・ロックというよりもパワー・ポップである。
シンプルなロックンロールとビートル・ポップが次々よ飛び出す。
曲は全てキャッチーで耳に残るメロディーの良さ。
演奏は明るくアップテンポでノリノリ。ほんのりオールディーズの香りなんかもして、楽しさ一杯。
これぞ、パワー・ポップ!!
85年の"Shout!"はライブ盤であるが、演奏の質、録音の質いずれも文句なしの出来であった。

The Dogs "Short, Fast & Tight: Live"
The_dogs_short_fast_tight 好度:4
ジャンル:パワー・ポップ
感想:これは01年リリースのライブ盤2枚組。
80年代のアルバムのようなビートル・ポップとは異なり、今風の分厚いギターでドライブするパワー・ポップである。
2枚組みで、一枚目はまさにパワー・ポップそのものであるが、2枚目の方でがR&B色が出てルーツ・ロックな味わいとなっている。
終始だれることなく、パワフル且つ安定感のある演奏が繰り広げられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

CD聴盤日記(11/23):パブ・ロックレーベル Stiff のコンピレーションです。

V.A. -Born Stiff:Stiff Records Collection-
Stiff 好度:4
ジャンル:パブ・ロック
 

 

 

 

 
 
感想:2枚組み45入りのレーベル・コンピレーションアルバム。
   パブ・ロックは勿論、スカや、エレ・ポップまで実に幅広いスタイルの楽曲が
   収録されている。
   普段聴かないタイプの音楽も結構多く、インディーにしては節操のない感じ
   もなくはないが、やはり時代の流行、廃りを反映してのものなのだろう。
   パブ・ロック物のコンパイルはいくつかあったが、このレーベルの全体像を網
   羅したようなコンピを聴いたのは今回が初めて。
   そういう意味でも新鮮な気持ちで聴くことが出来た。
   全曲リマスタリングされているようで、音質も良好であった。
   
26ページに及ぶブックレットも豪華である。
   でも日本語で読みたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

CD聴盤日記(11/7):昨日の店頭購入物からパブ・ロックです。The London R&B Sessions。

V.A. -The London R&B Sessions-
The_london_rb_sessions_2 好度:4
ジャンル:パブ・ロック
 

 

 

 

 

感想:70年代イギリスのパブ・ロック音源集。
   しかしこれは只のありがちなコンピレーションはない。
   パブ・ロックの聖地ともいわれている「ホープ&アンカー」でのライブ集で、
   収録アーティストが渋い。
   Lew Lewis、Wilko Johnson、Cannibals、Pirates、Bishops等。
   全16曲収録であるが、このCDでは6曲がボーナストラックで追加されている。
   タイトル通り、R&Bテイスト溢れるブルージーな黒いロックンロールばかり。
   79年の録音であるが、音が又良いのでビックリ。
   パブ・ロックの名盤として取り上げられることもしばしばのこのアルバム。
   
パブ・ロックにありがちなチープな録音ではなく、抜けもクアリア感も文句なし
   のサウンドクオリティにも大満足な一枚である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧