身辺雑記

2016年4月 8日 (金)

眉村卓×日下三蔵スペシャルトークショーに行きました。

昨日ですが、行ってまいりました、「眉村卓×日下三蔵トークスペシャル」。
簡単ですが(ちょっと長文ですが)ご報告させて頂きます。
とても濃い2時間強で、とても短く感じた2時間強でした。
お話は完全編年体。
眉村さんの「文芸事始め」とでもいうべきエピソードからスタートです。
学生時代から始まりました。
既にエッセイ等で読み知っていたエピソードも、ご本人から直接語られるのはとても新鮮。
漫画、俳句、詩、そして小説へと創作の遍歴が語られます。
勿論、柔道のことも。
そして会社へ入社した時のエピソード、会社員生活のこと、作家として一本立ちした背景等々、本当に濃く深いお話ばかりでした。
宇宙塵、ヒッチコックマガジン、SFマガジン、EQMM、小説現代、サンデー毎日、各雑誌とその最初の掲載にまつわる担当編集者や編集長との面白い絡み、そして、そうそうたる名前が軽々と飛び出して来ます。
長編「燃える傾斜」の出版にまつわる、東都書房 原田さんとのお話。
短編集「準B級市民」の出版。
「幻影の構成」にまつわる創作エピソード、「EXPO'87」にまつわる創作エピソード。
そこから、ビッグビジネス、産業将校のお話になり、「司政官」のお話にもつながりました。
とにかく「そんなことがあったのか」「そうだったのか」「そういうことなんだ」のオンパレード。
そして眉村さん自身が語る「インサイダー文学論」の解説もあり、私は一人で興奮していました。
勿論、SF作家達との数々のエピソードも盛りだくさん。
SFマガジン史上特筆すべき事件の覆面座談会に関するお話、眉村さんが取られ立場、その後のSF作家達との交友関係の変化も語られました。
短編「帰らざる空」にまつわる豊田有恒さんとのエピソードも、文庫の解説で豊田さん自身が書かれていたのを知っていたので、豊田さんが思っていたことは知っていましたが、眉村さんが実際にどのような気持ちで豊田さんに掲載誌をお見せなったかが語られ、やはりそういう
ことだったのかと、眉村さんの優しさ、そして当時のSF界の人的交流の深さ(友情感)を改めて感じました。
更にお話は「なぞの転校生」「ねらわれた学園」のジュブナイル物のエピソードも入ります。
「なぞの転校生」のお話の時には、タイトルの付け方について語られ、次に、学年誌連載から単行本の出版までの期間が長かったことについて語れました。
なぜ人気があったにも関わらず単行本化が遅くなったかなどです。
学年誌の付録として文庫体裁の本が付けられたりしていたこともその要因といったお話の時に、会場の中から演題上のブックスタンドに一冊の本を立てるという出来事がありました。
なんと、古本で有名なKさんが持参していた学年誌付録の単行本を出されたのです。
会場内は「おお~」という感嘆に包まれました。
そして「司政官」、「消滅の光輪」等に進みます。
SF創作における設定の重要性を語られた上で、その対極とも言える個人的な体験を中心に据えた「ぬばたまの」等の異世界物のお話に進み、時間切れとなりました。
19:40分ごろから開演し、予定時間の21:00を遥かに回った21:40分頃で終了となりました。
時間が大幅に回ったにも関わらず、そこから質問コーナーが開始です。
ここでも面白いお話が語られました。約10分でした。
眉村さんのお話はとても流暢で、分かりやすく、感嘆と爆笑に彩られたとても濃厚な2時間強でした。
最後には、眉村さん手書きの作品タイトルノートを披露されました。
全作品のタイトルが、雑誌に掲載されたものもされなかったものも全て書き留められているものです。
眉村さんの几帳面さが表れた一冊です。
最後の方は眉村さんも面倒になったとかで、代わりに奥様が書かれていました。
こんな貴重な資料も直接見ることが出来てとても充実した時間でした。
最後に、出版芸術社の主催(?)による既刊本の即売サイン会となりました。
私は密かに近刊本が先行発売されることを期待していたのですが、それは無しでした。
でも眉村さんが講演途中の休憩時間中に、「次に出る本の帯には「最後の短編集(おそらく)」と書かれるかな」などと冗談交じりなお話をされていたので、次の単行本は近いかなと期待しています。
勿論、「最後の」という文句は書かれていないものをです。
そこで販売されていた本は既に持っていましたが、実はサイン会狙いで、私はスベントンの単独シリーズ化前の世界児童文学名作シリーズ版の「迷探偵スベントン登場」を持参していました。
その本に是非サインを頂きたいと思っていたのです。
サインを頂く権利獲得のため、「異世界コレクションⅢ」を購入し、その本にサインを頂いたあとに、こそこそと「こちらの本にもサインを頂けますか」とスベントンを差し出しました。
「これはこれは」と眉村さんは快くサインをしてくれました。
脇でサポートしていた出版芸術社の方も「うわ! スベントンですね。これ図書館でしか見たことがないです」と驚いてくれました。
で、一番驚いて反応をしてくれたのは、この様子を私の後ろで見ていた古本有名人のKさんでした。
「スベントンの最初の本で、箱入り、しかも帯付きですか。すごいですねえ~!」とお褒めの言葉を頂いてしまいました。
実は私、今年、スベントンシリーズを全6冊(世界児童文学名作シリーズの一冊と、単独シリーズ化されたあとの5冊)を、全て手中に収めることが出来たのです!!
このサイン会の懇親会の中で、Kさんもスベントンシリーズは3冊しか持っていないと話されていて、私が6冊を全て入手出来たのは本当に奇跡だなと改めて思いました。
懇親会の最後には眉村さんと名刺交換もさせて頂きました!!
23:30を回り、まだ懇親会は続いていましたが、私は終電の関係で途中退出となってしまいました。
「それにしても、ここまで濃厚な4時間はこれまでも無かったなあ」と一人興奮しながら帰途に着きました。
最初のスベントン本に目の前で眉村さんご本人からサインを頂き(イラストには、虫眼鏡をもったタックンを書いて頂きました。探偵に掛けてだと思います)、名刺まで頂戴出来、最高・最幸の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

久々の更新です。

およそ4ヶ月振りの更新になります。
3月11日の地震で、私の家でもCD棚20本中、2本(この2本だけ、転倒防止対策を行っていなかった)が転倒し、収納してあった約2千枚のCDが部屋中に散乱。部屋に入ることすら出来ない状況となりました。
一刻も早く倒れた棚を起こして、下敷きになっているCDを救いたかったのですが、棚を起こすには部屋に入らなければらず、そのためには、部屋への侵入ルートを確保するため、散乱して山積みになってしまったCDを部屋の外に搔き出す作業が必要でした。
何とか、CDの掻き出しを行って進入ルートを確保し、倒れた棚を建て直して、下敷きになっていたCDを助け出すことが出来ました。
下敷きになっていたCDは一枚たりともCD本体が破損することもなく無事だったのは何よりでした。
さて、棚を建て直して、CDを再収納しようかと思ったのですが、どうせ再収納するのなら、ずっと不満に思っていた棚自体の交換をしようと考えました。
倒れた棚を立てていた壁側には、全部で7本の棚があったのですが、全て奥行きが30センチで、CDを前後2段で収納していました。
取り出しずらさも当然不満点なのですが、部屋を狭めていることも大きな不満点でした。
更に、7本という本数も、以前住んでいたワンルームマンションで使用していた棚をそのまま持って来た関係で、横幅の狭いタイプのものを組み合わせていたので、CDの収納しづらさという不満もありました。下の2枚の写真は、変更前の状態です。右側の写真でわかると思いますが、一番左端に写っている棚が、奥行き17センチの棚です。それより右の棚は全て前に大きく出っ張っています。
2010_0508_083500uni_03482010_0508_083559uni_0351_2

そこで、思い切って棚を一新してしまおうと決断し、部屋の採寸をし直して、最適の幅の棚を選び、これを組み立てて設置しました。
高さ180センチで8段組ですが、これは高さ90センチ4段組の棚を縦に2段組にし、接合は近所のホームセンターから金属のジョイント部品を購入して行いました。
又、この棚は最下段にハカマをはかせたタイプなので、これを上下逆にし、更にハカマを背中側に取り付けることで、8段組みの最上段にもCDが収納可能な状態にし、9段組みとなりました。
結果5本構成で、いずれも奥行き17センチと約半分の厚みになり、部屋も心持ち広くなりました。棚の幅も以前のような広いタイプと細いタイプの混在ではなくなり、CD収納時のレイアウトもしやすくなりました。下の2枚が現在の建て直し後の写真です。
2011_0718_105607uni_0455_22011_0718_105624uni_0456
まだまだ整理中で床には整理途中の様子が未だ残っています。
 
 

 
しかしここで問題が発生。
それは最初から分かっていたことなのですが、CDの収納容量が減ってしまったのです。
奥行き2段で収納していたものを1段にしたわけですから当然です。そこで更に棚の増設を検討しなければならなくなりました。
でも、今のCD部屋には棚を増設スペースはもはやありません。
さて、どこにどう棚を増設したら良いか、何度も3階のCD収納部屋と2階のリビングを階段を登ったり降りたりしながら考えていて、ふと思いついたのが、階段自身でした。
階段の壁に棚を設置しまえば良いじゃないかと。
禁断の発想です。普通の家族持ちの家であれば絶対に家族の賛同が得られるはずのない発想です。
幅が17センチ狭まりますが、特に昇降に支障を来たすことはなさそうでああることを確認し、遂に階段の壁一面に棚を設置してしまいました。棚5本です。
2011_0718_105732uni_0458

階段の1段の奥行きは20センチ程度ですがら、一本の棚を載せるには、階段3段分の奥行きが必要です。3段を跨いで設置するため。階段の段差を補正する足を作って、ガタが出ないように調整しました。
又、隣の棚と完全に密着させることで、棚自身の設置ガタも出ないように調整しました。
下の写真のように厚めの板をホームセンターから購入し、これを採寸して切断し、足として棚を支える箇所は隣の棚の横面に接着して転倒しないようにしました。
又、階段の段差にも棚板を別に充てて、棚と階段の段差に出来るスペースも棚として利用出来るようにしました。これで階段壁面棚の完成です。
2011_0718_110032uni_0463
これで普通のプラケースCDであれば、2500枚強は収納可能です。
私は専用のビニール袋に詰め替えて厚みを薄くしているので、3倍~4倍のCDが収納可能なので、約1万枚は収納できそうです。

後はCDの再収納です。
収納のレイアウトの変更も必要なので、徐々に実施しいていこうと思っています。
先ずはCD収納スペースの再確保が出来たことで、安心してCDが買える状況となりました。
(と言うといかにも買い控えしていたようですが、全くそんな気配もなく、CDを平積みにした状態で買い続けていたアホな私です)
これでようやく、地震の後片付けも一段落も着いたので、又、購入日記、聴盤日記をアップしていきたいと考えています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

CD聴盤日記(8/4):先週の到着物からルーツ系2枚。MARK ERELLI/JEFFREY FOUCAULT、George Thorogood & Destroyers。

MARK ERELLI/JEFFREY FOUCAULT -SEVEN CURSESA-
Mark_erelli  好度:4
 ジャンル:フォーク
 

 

 

 

 
 
 感想:アコギでの弾き語りで、完全にフォークデュオスタイルである。
    楽曲はカバー物である分、良い曲が多く、普通は退屈してしまい勝ちなこのタイプ
    であっても、全く退屈せず、歌を楽しむことが出来た。
    フィター以外の楽器はせいぜいハーモニカのみ。
    シンプルな演奏で、ノリを持たない分、歌とメロディーの良さで勝負。
    見事に勝ちである。

George Thorogood & Destroyers "Live in Boston 1982"
George_thorogood  好度:4
 ジャンル:ルーツ・ロック
 

 

 

 

 
 
 感想:アメリカン・ロックのやんちゃ坊主とも言うべき Geroge Thorogood の
    今年の最新作は、82年のライブ音源のCDである。
    ブルースやブギーを基調としているだけに、冗長な演奏もあるが、ライブ
    ならではの更なるやんちゃブリが伺える元気一杯で豪快な演奏に心底惚れ
    直した。
    念のため、本人のHPを確認したら、持っていないCDを一枚発見してし
    まった。
    又、82年のヒットアルバム"Bad to the Bone"の25周年記念のリマスタ
    でボーナス音源が付いたデラックスエディションも発見。
    ダメと思いながら、買わずにいられなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

ダブリCD約500枚を売却。金額はトホホ...

今の家に移って10年がたち、増殖を続けるダブリ購入CDも、引越し用ダンボールで3箱になり、遂に処分(売却)を決心しました。
ダブリとは言え、普通に購入したCDを売るのは忍びなく、誰か家に遊びに来る人がいる度に、音楽仲間を少しでも増やしたいと、お持ち帰りお土産として差し上げていたりしたものの、その数は一向に減る気配もなく、500枚を超えてしまいました。
廊下に積んだ引越し用ダンボール箱3箱はこれ以上積み上げるのも危なさそうなのと、取っておくことの無意味さもあり、売却となりました。

ダブリの原因は大きく2つ。
何と言っても、本当に自分で持っていることに気付かないで再び購入したダブリ物。
中にはダブリ物の中に2枚というのも2タイトル。様はダブルではなくトリプルということです。自分でもあきれます。
もう一つは、確信的ダブリ。リマスタとか、紙ジャケ再発等での買い直し。
これは本当、しょうがないですよね。
問題はこの比率。9:1で、真正ダブリ物が圧勝で、自分のバカさ加減にあきれるばかり。
さて、このダブリCD約500枚は果たしていくらに化けてくれるのか。
おそらく1枚数十円程度で100円すら行かないだろうと予測はしていたものの、やはり結果は悲しいもの。
某中古ショップに着払いで発送し、査定結果を待つこと一週間。
電話がなり査定額が告げられました。
3万円ちょい。
おお!!
期待よりも1万円以上も多いではないか。
運送料を負担して他のショップに回してもまあ大して金額は変わらんだろうという思いもあり、「いかが致しましょうか?」
の問いかけに「OKです」と即決でした。
詳細を聞いたら、値付け不可ものは10数枚ということで、他はまがりなりにも値段がついた模様。
でも、使った金額との比率で考えると、5%程度。消費税分が還付されたようなもの。
悲しいですね。

ちなみに、そのショップに出かけて中古CDの新入荷コーナ-を見たら、半分以上は自分が売却したもの。
何となく気恥ずかしさを感じてしまいました。
ちなみに、危うく自分がダブリで売却したものを、再度それと気付かず購入しそうになった真正バカとは私のこと。

ダブリ買いの防止策として、「CD購入日記」を付け、これをデータベースとして購入前に必ずチェックするようにしていながら、記録時のスペルミス等でダブリはやはり撲滅できず、再増殖が始まっているのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)